「庄や」名ばかり管理職にも「残業代支払う」

印刷

   居酒屋チェーン「庄や」を展開する大庄は2009年10月7日、権限がないのに管理職扱いされ、サービス残業を強いられる「名ばかり管理職」問題を解消するため、11月から新しい給与体系を導入すると発表した。店長や調理長などから「管理監督者」の肩書を外し、役職手当の代わりに労働時間に応じた残業代を支払う。

   また、過去の未払い分として07年9月から09年8月までの残業代を10月末までに支払う。対象者は約1200人で、総額5億5000万円を見込む。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中