新型インフル「重症多い」 その6割は持病なし

印刷

   新型インフルが、季節性インフルより重症例が多いことが分かった。重症患者には持病持ちが多いと言われたが、その6割で持病がなかった。今後、強毒化するかどうかは不明だが、十分な注意が必要なようだ。

A型患者の10%弱が重症患者

新型インフルのシンポジウム
新型インフルのシンポジウム

   重症例が多いことを明らかにしたのは、防衛医科大学校の川名明彦教授。東京都内で2009年10月9日に開かれたシンポジウム「感染症に挑む知のネットワーク アジア・アフリカと共に」(文科省など主催)の中で明らかにした。

   川名教授が同大学校病院の患者300人を調べたところ、新型インフルエンザにほぼ当たるA型陽性の感染者が8月に入って急に増えた。これは日本で本格的に流行が始まった時期に当たる。そして、この2か月半で感染者が80人となり、そのうち入院した重症患者が11人。この中には、人工呼吸が必要だったほどの患者が、2人いた。11人のうち9人は、10歳以下の幼児だった。

   このことについて、川名教授は、重症者を診る大学病院であることもあるとして、一般的にA型患者の10%弱が入院となっていることを挙げ、「季節性より重症化率が高い」と結論づけた。

   重症例が多いことは、この日のパネル・ディスカッションに参加した専門家らも次々に口にした。川名教授の調査結果は、専門家の一致した見方に沿っているわけだ。

流行が拡大するにつれ、持病なしで重症化

   新型インフルの重症患者には、持病に当たる基礎疾患を持っているケースが多いとも言われた。しかし、防衛医科大学校の川名明彦教授は、ディスカッションの中で、初期のころはそうであっても、流行が拡大するにつれ、そうでない人も重症化していることを明らかにした。調査結果によると、基礎疾患を持っていたのは4割で、残りの6割はそうでなかったというのだ。

   その原因については、「まだ解明されていない」としたうえで、「大きな問題だ」と語った。また、「これからは重症患者とそれ以外を分けて対応しなければならない」ともした。ディスカッションでは、行政上の対応が遅れていることが疑問視された。

   ただし、感染者の大部分は、重い病気にならないことも同時に指摘された。世界的には、95%以上の人は治療しなくても治っているという。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中