おしゃれ「山女子」急増 「スカートにレギンス」で登りたい

印刷

   スカートを履いて、カラフルなジャケットを羽織る――おしゃれに山歩きを楽しむ女性が増えている。街でも着られるデザインが人気で、アウトドアメーカーはこぞって若い女性向けウエアの開発に力を入れている。2009年秋には山の中でファッションショーが初めて行われた。

山スカート、予想を上回る売れ行きで完売

ザ・ノース・フェイスのファッションでコーディネートした女性。涸沢フェスティバル2009にて
ザ・ノース・フェイスのファッションでコーディネートした女性。涸沢フェスティバル2009にて

   「ザ・ノース・フェイス」「チャンピオン」などのスポーツブランドを展開するゴールドウインは、女性向けの登山ウエアの開発に力を入れている。

   登山ウエアにはごつくて本格的なものが多いが、同社の女性用ウエアは細身のシルエットで、赤や黄色など鮮やかな色を取り入れている。また、最近はスカートで山歩きをする女性も増え、山歩き用のスカート「山スカート」を1年前から発売している。下にレギンスやタイツを合わせて、街着のようにコーディネートするのがはやっている。

「女性誌で登山を取り上げるようになったりして、山歩きに興味を持つ若い女性が増えています。当社は今まではどちらかというと男性よりの登山商品が多かったですが、女性向けも強化するようにしています」

アウトドア事業本部広報担当者はこういっている。

   ミズノは、秋冬向けに保温性の高いダウン素材を使用した山スカートを2009年10月中に発売する。春夏向けに初めて山スカートを発売したところ、「予想を上回る売れ行きで、在庫がなくなった」(広報担当者)という人気ぶりだった。

若い人を取り込まないとマーケットがしぼむ

   北アルプス涸沢(からさわ)で登山イベント「涸沢フェスティバル2009」が09年9月4~6日に開催され、たくさんの若い登山客でにぎわった。トークショーやヨガ、キャンドルナイトなどの催しや、ザ・ノース・フェイス、エーグル、モンベルといった有名アウトドアブランド8社が参加して、初めてのファッションショーも行った。

   イベントを主催したのは登山専門誌を発行する山と渓谷社で、ヤマケイJOY編集部の担当者は、

「若い人はファッションにも敏感なので、ショーで提案したのは機能性がありながら、おしゃれに着られるブランドのコーディネートです」

と説明する。

   最近、おしゃれな登山ウエアが続々と出てきていることについて、

「ランニングにスカートを履く女性が増えているように、おしゃれなスポーツウエアが出て、山にだってスカートで入ってもいいんじゃないか、という若者の発想がメーカーを動かしていると思います。山歩きは中高年に人気のあるため、以前は中高年向けのものが多かったのですが、今後は若い人を取り込まないとマーケットがしぼむということもあって、ここ2年くらい、メーカーが若者向けを着手するようになっています」

といっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中