羽田を24時間稼働の国際的ハブ空港に 前原国交相

印刷

   前原誠司国交相は2009年10月12日、羽田空港を国際拠点空港のハブ空港に位置づけ、24時間稼働の国際空港化する考えを明らかにした。

   それによると、羽田で第4滑走路が完成する2010年10月をめどに、羽田と成田を国内線と国際線にそれぞれ位置づける原則を止めるとしている。この点について、前原国交相は、「国内線と国際線が分離され、結果的に日本のハブ空港は(韓国の)仁川(空港)になっている」と述べた。成田については、「航空需要の増大を見据えて有効活用する」というに留まった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中