芸能界引退かけるグラドル TBSも「予想外」のアクセス殺到

印刷

   「自分のブログで3ヶ月間2000万アクセス達成しなければ芸能界を即引退」――TBSの新番組「崖っぷち」に出演したグラビアアイドル愛川ゆず季(26)さんがこんな企画にチャレンジしている。ほとんど不可能と思われていたのに、放送1週間で400万アクセスを突破、現在は1日100万アクセスになるなど、近々達成する可能性が強まってきた。放送局側はハラハラドキドキを狙っていたのに、「企画倒れ」になりそうだ。

   新番組「崖っぷち」は2009年10月6日深夜にスタート。メインパーソナリティーは有吉弘行さんで、有吉さんを楽しませるために様々な芸能人が面白動画をプレゼンしたり、無謀と思われるチャレンジをしたりする番組だ。

有吉は7年間で1000万アクセスだった

   現在、番組の目玉になっているのが、グラビアアイドルの愛川ゆず季さんのブログのアクセスを増やそうという企画。ゴールは3ヶ月間で2000万アクセス。達成できなければ即芸能界引退。有吉さんは自身のブログが「1000万アクセスになったのは開設してから7年後だった」とし、かなり難しいチャレンジだと説明していた。今回の2000万という数字は、ブログを開設した「GREE」では、芸能人のアクセストップは1日に22万アクセスで、3ヵ月合計では2000万、という計算からだ。かなりハードルは高く、普通では達成不可能な数字だ。

   愛川さんはバスト100センチの巨乳アイドル。03年にデビューし、写真誌など様々な雑誌の表紙を飾るなど売れっ子だったが、ここにきて仕事が激減。09年9月は仕事は4件、スケジュール表は殆ど白紙だった。しかし、危機感がなく、自分を売り込もうという必死さもない。だから、芸能界引退をかけ、ブログで「復活」を目指そうとさせたわけだ。

   ブログを09年9月25日に開設したものの、テレビ放送が始まっていなかったため、最初はアクセスがあまりなかった。愛川さんはアクセスを増やすため、ブログで「すっぴん」を公開したり、入浴の写真を掲載したり、と必死で取り組んだ。

「実は私、blogは何個かやってますが、正直今まで 当たり障りのないことを書いてきました」

とし、このブログでは一歩も二歩も踏み込んだ内容を書くと決意、テレビ番組収録の裏話しなども掲載した。

スタートから1ヵ月も経たないうちに「達成」?

   そうした努力もあってかアクセス数は徐々に増えたものの、09年10月6日時点では1万アクセス程度だった。それがテレビ放送されるやいなやアクセスは急増。10月10日でトータル200万アクセス、翌日は同300万アクセス、13日は同430万アクセスになっている。1日に100万アクセス近くになっている計算で、同日の「GREE」の芸能人アクセスランキングでは1位。ブログの更新は1日に十数回。1つの記事に500ものコメントが付く。そこには、

「みんなで応援して支えますからね!」
「有吉とTBSに負けるな」
「400万突破ならあっという間に2000万までいくんじゃないかな」

といった応援コメントが書き込まれている。

   今後も1日100万アクセスあるとすれば、放送開始から1ヵ月も経たないうちに挑戦は終了、ということになるかもしれない。当初予定されていた芸能界引退を掛けたハラハラドキドキの展開にはならないわけで、いわゆる「企画倒れ」の可能性が出てきた。番組では愛川さんの3ヵ月の挑戦ドキュメントを撮ろうと、愛川さんの部屋にカメラまで設置しているのだ。TBSはこうした事態をどう考えているのか。制作担当の部署に問い合わせてみたが、返事は来ていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中