官僚答弁禁止に夫婦別姓制度 福島氏と亀井氏がそれぞれ「反対」

印刷

   民主、社民、国民新の連立政権は発足当初から、社民党の福島瑞穂少子化・消費者担当相と国民新の亀井静香郵政・金融担当相の言動が目立っていたが、官僚答弁廃止や夫婦別姓制度を巡って、両者がまた独自の持論を展開している。連立に亀裂が生じかねず、民主党は気をもんでいる。

   福島氏は2009年10月14日、東京・日本記者クラブでの会見で、民主党・小沢一郎が臨時国会に提出する意向を示している、官僚の国会答弁禁止する国会法改正案に反対する考えを示した。

福島氏「官僚答弁、禁止する必要はない」

   福島氏は会見の中で、

「法律まで作って禁止するのはおかしい」

と発言。「必要があれば役所が説明するのは当然だ」と指摘し、運用面で対応すればいいという考えを示した。福島氏は以前から反対を表明しており、9日の会見でも、「野党から役所に答弁してほしいと言われれば、禁止する必要はない」と主張している。

   社民党は、官僚答弁禁止には党を挙げて反対という立場だ。同党幹事長・重野安正氏も15日の会見で「制約をかけて政治家のみの答弁にするのを、はいそうですかとは言えない」と話している。社民党の政策審議会も

「小沢幹事長は法制局長官の答弁も禁止すると言っていますが、そうすると、憲法解釈も改憲派の政治家に委ねる余地が出てきますので、護憲派の立場からも問題だと見ています」

としている。

「別姓でなければならないという心理がよくわからない」

   亀井氏も14日、福島氏と同じ日本記者クラブでの会見で、民主党が積極的に取り組む「選択的夫婦別姓制度」導入に関し、

「夫婦になるのに、別姓でなければならないという心理がよくわからない」

と発言。「夫婦、子供で姓が違う、家がアパートみたいになって、表札が全部違う形になるのがよいのか」と、反対する考えを示した。

   亀井氏の秘書によると、亀井氏は自民党政調会長時代から反対だったといい、

「例えば、(亀井)代議士は小泉政権下でも、社会全体で高齢者の介護を行う『社会介護』に対し、親の介護は家族がするべきという『家族介護』を主張していました。代議士自身も親思いですし、家族の絆というのが理念としてあるんです。そこは政治家として曲げられません」

だそうだ。福島氏も亀井氏も、連立政権に参加したとはいえ、自身のスタンスは絶対曲げない様子だ。

   一方、ネットでは2人を支持する意見が多い。2ちゃんねるでは、「なんだよこの政権 みんな個人で勝手なこと言って」といった見方もあるものの、

「またしてもみずぽタンが正論を言ってる」
「亀井大臣の、外国人参政権反対の立場と夫婦別姓反対の立場を支持する!」
「今の日本は、亀井とみずぽが頼り!」

と、福島氏、亀井氏の両氏を応援する書き込みが目立つ。民主党政権に物言える数少ない閣僚として、期待されているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中