「忘れられた」押尾学事件 ネット上では未解明に不満

印刷

   清純派とのイメージ落差もあって、大きな話題を呼んだのりピー事件。その一方で、女性が1人死んだのにもかかわらず、押尾学事件は、比較的マスコミの脚光を浴びていない。事件には大きな背後関係があるのではといった見方もあり、ネット上では未解明のままであることに不満が高まっている。

「>全く関与していない どうだか…」
「スゴ?????ク怪しいんですけど・・・」

   「ピーチ・ジョン野口社長、押尾事件に『全く関与していない』」。ヤフー・ニュースに2009年8月8日載ったオリコンのこの記事に、未だにコメントが寄せられる特異な現象が起きている。その数、なんと約4万5000件。上記のものは、「私もそう思う」で最も多く支持を集めたコメントだ。

押尾記事、ヤフーで2か月以上も上位

コメント殺到の押尾記事
コメント殺到の押尾記事

   この記事では、合成麻薬MDMAの事件を起こした俳優の押尾学被告(31)に事件現場のマンションの部屋を貸した女性下着通販会社社長の反論を紹介している。それは、野口美佳社長が個人的に部屋を貸しただけで、本人は一連の事件に全く関与していないというホームページの発表内容だ。発表では、「本人も押尾容疑者を安易に信頼してしまったことを深く省みております」としているが、ヤフーユーザーには、部屋の貸し主としての疑念がぬぐえないわけだ。

   ヤフーのコメントランキングでは、2か月以上たった10月16日に、8位に入っている。ニュースサイト「日刊サイゾー」がこの話題を同11日に取り上げ、9日の時点では6位だったということから、いかにユーザーの思いが強いかが分かる。

   この事件では、銀座ホステスの女性(30)が部屋で亡くなっている。しかし、警視庁が保釈中の押尾被告を保護責任者遺棄致死などの疑いで事情聴取していると報じられながら、未だに動きがない。さらに、押尾被告担当のエイベックスのマネージャーが女性の携帯電話を捨てるなど証拠を隠そうとしていたとも報じられており、ネットユーザーの間では、風化させずに解明してほしいとの声が強まっている。

「ルートをたどっていくと、かなりやばい筋」

   押尾学事件には、大きな背後関係があるのではないかとの疑念もネット上では強い。そんな中で、こうした証言をする関係者も出てきた。

   ある芸能プロの役員は、取材に対し、「背後関係が一番の焦点です」と明かす。

「ルートをたどっていくと、かなりやばい筋に行き当たります。ほかに、芸能人やスポーツ関係者も、捜査が進展するのかどうか、話題に上がっています。容疑者となりうる人物は、いっぱいいるんですよ。のりピーの事件と重なったのはたまたまですが、都合がよかったと思っている関係者もいるでしょうね」

   週刊誌でも、事件当日に関わった関係者が複数いた疑いがあるなどと報じられている。ただ、クスリの事件は時間が経つと立証が難しくなることなどもあり、この役員は、どこかで捜査が打ち切りになる可能性が高いとみている。

   芸能評論家の肥留間正明さんは、今後の流れについてこうみる。

「のりピーは、あれだけのアイドルとの落差があったので、数字を取れるとテレビ局が盛んに取り上げたわけです。しかし、事件性は、押尾学被告の方が圧倒的にあります。亡くなった女性のご両親が納得していないと注目されていますので、今後は、押尾に行く流れになる可能性があります。押尾事件は、不完全燃焼だったので、やっと火を吹き始めたところです。ただ、事件についてはやはり、やばいと思う人はクスリを抜いたりしているので、その広がりまで警察は立証できないのではないでしょうか」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中