アイフル再建の先行き左右する あおぞら銀行のCDSヘッジ

印刷

   業績不振が続く消費者金融大手アイフルは、私的整理の一種「事業再生ADR(裁判外紛争解決手続)」と呼ばれる手法での再建手続きに入った。2009年10月8日には第1回債権者会議を開き、従業員をほぼ半減するなどの再建計画を説明したが、再建に不可欠な金融機関の協力姿勢には濃淡がある。金融機関の足並みが乱れれば、再建に大きな影を落としそうだ。

   アイフルは債権者会議で、有人店舗を3分の1に減らした上で、従業員をほぼ半減するなどのリストラ案を提示。債務約2800億円のうち、3分の1近くを借り換えすることで、当面の返済を猶予するよう金融機関に要請した模様だ。アイフルは、債権者の理解を得られれば、年末までに再建計画をまとめる方針だ。

あおぞら銀は融資の大部分をCDSヘッジとの見方

   しかし、アイフル向けの債権を持つ金融機関は70社近くあり、協調して対応できるかは不透明だ。金融機関の間では、消費者金融のビジネスモデルを疑問視する声が強まっており、「アイフルの再建案では、過払い利息の返還負担の見通しが甘く、業績の下ぶれリスクは大きい」(大手行幹部)との指摘が既に出ている。

   特に、一部金融機関が、アイフルが経営破たんしても損失が出ないように、「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」という金融派生商品を購入済みであることが、問題を複雑にしている。CDSは破たんに備えた一種の保険で、買い手は売り手に一定額の「保険料」を支払うかわりに、対象企業が倒産などすればCDSは精算され、買い手は「保険金」を受け取る仕組みだ。つまり、ADRで時間を掛けて債権を支援するのか、破綻させてCDSの「保険金」を受け取るか、どちらがその金融機関にとって有利かという問題になるのだ。

   債権者のうち、あおぞら銀行は、アイフルと関連会社ライフ向けの融資残高が計553億円(8月末時点)にのぼるが、大部分をCDSでヘッジしている模様だ。同行内部には「そもそも消費者金融の市場が縮小する中、リストラだけで生き残れるのか。ADRは実績が少なく、銀行団の意見をまとめられるかも疑問だ」と先行き不安視する声が強まっている。

ADRの手続きが難航すると事態は変化?

   あおぞら銀は10月2日、アイフルが事業再生ADRを申請したことが、アイフル対象のCDSの清算基準に該当しないか、国際スワップ・デリバティブズ協会(ISDA)に照会。ISDAは今のところ、清算基準には該当しないと考えているようだが、債権者の足並みがそろわずADRの手続きが難航するようであれば、事態は異なってくる。

   あおぞら銀は「(ISDAへの申請と)事業再生ADRへの同意・不同意とはまったく関係ない」としているが、CDSを精算させて「保険金」を受け取る方が、長期間かけてアイフルを再建させるよりプラスとの見方もある。住友信託銀行など主力行は、アイフルを支える姿勢を崩していないが、債権者の一部には「あおぞら銀は、アイフルの法的整理に軸足を置き始めたのではないか」とする疑心暗鬼もくすぶり、年末に向けた再建手続きは波乱含みとなりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中