マウンテンありバレーありの人生
ルー大柴「不遇」の10年を語る

印刷

   「トゥギャザーしようぜ!」のセリフで1990年代に一世を風靡した、俳優でタレントのルー大柴さんが、再びブレイクしている。英単語を交えた独特の「ルー語」を使ったブログが2007年頃から若者の間で話題になり、NHK「みんなのうた」に自身のCD「MOTTAINAI ~もったいない~」が起用されたことがきっかけになった。

   しかし再ブレイクするまでのおよそ10年間、ぱったりとお茶の間から姿を消していた。息子2人と妻とともに、その間どのように歩んできたのか、話を聞いた。

40過ぎてレギュラーなくなり、収入10分の1

役よりもルー大柴を見たいというお客さんがいて、リトルビット(ちょっと)難しかった
役よりもルー大柴を見たいというお客さんがいて、リトルビット(ちょっと)難しかった

―テレビの仕事が減った間、どんな仕事をしていたのでしょうか。収入も減りました?

ルー大柴 舞台中心に活動していました。年間5本のペースで出ていて、1本あたり公演と練習で2カ月かかりますから1年のうちほとんどが舞台でした。たまにイベントの仕事もしていました。収入面では、ピーク時の10分の1になって、なんとか親子4人食べられるという感じで、そんなにプアー(貧しい)ってことはありませんでしたが、ブレイクした時よりどんどん収入が減っているということは事実だし、まだ子どもも小さかったですし、これで乗り切れるのかなっていう不安はありました。

―もともと役者志望ですよね。テレビの仕事は減っても、やりたい仕事に専念できて充実していましたか。

ルー大柴 40過ぎてレギュラーなくなって・・・。でも私自身、ルー大柴というキャラクターに疲れてきて、飽きてきたみたいなところがありました。昔から役者志向だったので舞台の仕事をいただけるならやろうと思い、全力投球でやりました。その中で、また何か見いだせればいいかなとは思っていたんだけれども、なかなかね、30代の頃のルー大柴のキャラがなかなか消えなかったですし、役というよりはルー大柴を見たいというお客さんがいて、その辺がリトルビット(ちょっと)難しかったですね。

―家族の支えは大きかったですか。

ルー大柴 オフコース(もちろん)ですよ。ワイフ(妻)、子どもが僕の一番のトレジャー(宝)ですから。いまでは長男は大学を卒業して働いていて、次男は大学生で、2人とも大きくなってちょっと安心していますけれども、その当時はまだチャイルド(子ども)だったから、何とかしなきゃっていう気持ちも焦りもありました。本当によく乗り越えてこられたなっていう気がします。

―どんなふうに過ごしていましたか。

ルー大柴 時間があったので、家にいることが多くなりましたよね。家庭サービスをできるようになりました。息子がまだ小さくてドジョウを捕りに行ったりして。でも、(子どもが)グロウアップ(成長)して学校のクラブに参加するようになって、『一緒に行こうか』と誘っても、『お父さんみたいに暇じゃないんだ』と言われてガーンときたりして。買った洋服をワイフ(妻)に見せると、『あなた、昔とちょっと違うのよ』『そんなにすぐ、ばっと買うのは止めて』と言われて、ファミリー(家族)がそういう風に私を見ているんだなって言うのがわかりました。僕自身も次を探していた時期があったんですけども、じゃあ自分自身が何をしたいのか、これから何をしようかというのを自分でプロデュースすることができなかったんです。

―そこで、現在のマネージャーの増田さんとの出会いが転機になるわけですね。

ルー大柴 50過ぎてマネージャーが代わりまして、(増田さんに)『一体、テレビをやりたいんですか、舞台をやりたいんですか、ちょっと中途半端じゃないですか』って言われて。私は役者ばかで来ちゃったんで、自分でプロデュースすることはできなかったんですが、彼についてやっていったら、結果がついてきた。それがブレイクのきっかけになった僕のブログであり、『みんなのうた』に起用されたCD『MOTTAINAI』だった。ニュー『ルーマニア』(新しいファン)も増えました。

―具体的にはどんなことに挑戦?

ルー大柴 マネージャーが代わるまでは、やっていることと言えば舞台とホビー(趣味)のドジョウの飼育くらいしかなかったんです。マネージャー(増田さん)の勧めで、茶道をやりました。今でも続いています。最初は正座もできないし、苦痛でしたけども、石の上にもスリーイヤーズ(3年)、風雪ファイブイヤーズ(5年)というように、続けているとだんだん自信もつきますよね。振り返ってみると、人間1人で生きていけないっていうことと、苦言をくれる人が周りにいるのは幸せなことだと思います。その人が若いとか年取っているとか、そういうことじゃなくてね。あとは、聞く耳も持つことも大事です。自分の未熟さをおぎなって、2人スリー(3)脚でやってきたことがよかったんだと思いますけど、ドンチューシンクソー(そう思いませんか)?

―マネージャーの勧めとは言え、50歳を過ぎて新しいことにチャレンジすることを決めたのはルーさん自身ですよね。

ルー大柴 ライフ イズ ワンス、人生1回きり。ここでやるかやらないか、っていうターニングポイントってあると思うんです。私の場合、紆余曲折で、マウンテン(山)ありバレー(谷)ありで来ましたけれども。ターニングポイントがいくつかありますが、その1つが53歳の時だったんですよ。そういう運命だったんじゃないかな。少しずつやっていったら、結果がついてきた。自分で言うのも何ですけども、それが再ブレイクになった。

ネットは「みんなトゥギャザーだ」って勇気づけてくれる

―ブログをはじめ、ネット活用にも積極的ですね。投稿サイト「リグレト」のキャンペーンで、ルーさんは日々のヘコんだことを投稿していますが、閲覧者からのなぐさめのコメントにはすべて目を通していますか。

ルー大柴 見ていますよ。おもしろいですよね。人間ヘコむわけじゃないですか。ダウンしている(落ち込んでいる)時にサイトは力づけてくれるわけじゃないですか。そういうのってありがたいですよね。ネットのおかげで、知らない人たちのコメントもキャッチできる。こんな人もいるんだな、自分もがんばらなきゃなって。僕だってそういうことあったよって聞くだけで、和みますよね。勇気づけてくれるというか、僕だけじゃないんだ、みんなトゥギャザー(一緒)じゃないかってね。

―舞台やテレビと、ネットが違うところはどういうところですか。

ルー大柴 非常にディフィカルトな(難しい)質問で、今、どうしようかなって考えているんだけども(笑)。ステージ(舞台)に関しては、お客様と演者が接近しているから、ピンと張り詰めた緊張感があるけれど、ネットはいつでも見られるし、空気がまろやかな感じがします。舞台は言うことも決められてるけど、ネットはその時に思ったことをリラックスして書けるでしょ。

―ブログはいつ、どのようにして書いているんですか。

ルー大柴 空いた時間にマイハウス(自宅)でやっています。まず紙にテーマを考えて書いていくわけですよ。それからパソコンに打ち込んで、終わってから絵文字を入れるので、3工程あります。私、初老なんで、早いときは5時起きでやっていますよ。そうじゃなきゃ間に合わない時もありますし。朝の方がスキッとする場合もある。若い人は毎日やってるけど、僕は5日おきにやってますね。

―ルーさんが今後、芝居やテレビ以外でやってみたいと考えている仕事はありますか。

ルー大柴 歳も経てきていることですし、社会に貢献できる仕事に携わっていきたい。環境活動のMOTTAINAI運動や富士山の清掃、ボランティアとか、みんなとトゥギャザーできるものがあれば、いつでもどこでも行きたい。みんなが幸せになって、楽しくなるような社会貢献ができればいいなと思っています。

ルー大柴さん プロフィール

   1954年1月14日、東京都新宿区生まれ。趣味はドジョウ、メダカ、ヤゴなどの水辺の生き物の捕獲と飼育。切手、葉書集め。おいしい立ち食いそば屋探し。アクセサリー作り。茶道。座右の銘は「恥かけ汗かけ涙しろ!」。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中