実況で「授業ノート」自動生成 大学での「ツイッター」新活用法

印刷

   新商品発表会の様子をつぶやいて「実況」するなど、様々に活用法が広がっているツイッター(Twitter)が、新たな展開を見せている。「デジタルキャンパス」として知られる大学キャンパス内で、授業中に学生たちがつぶやいて議論・記録した内容を、教室・時間帯ごとに区切って「ノート」として公開する、という試みが始まったのだ。

   スタートからわずか数日にして、ネット上では注目度が急上昇している。ノートと言えば、友だちのものをコピーさせてもらうのが一般的だったが、遠くない将来、これが様変わりする可能性もありそうだ。

慶應環境情報学部4年生の学生が立ちあげた

SFCでは学生の4割がツイッターを利用しているという(09年7月撮影)
SFCでは学生の4割がツイッターを利用しているという(09年7月撮影)

   ツイッターをめぐる新たな取り組みが行われているのは、神奈川県藤沢市の慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)。キャンパス内ニュースサイト「SFC CLIP」が学生100人に聞いたところ、ツイッターを利用していると回答したのは40人で、「ツイッター率」は世間一般よりもかなり高いと言えそうだ。09年10月16日には、NHKの「ニュースウォッチ9」が、SFC内でツイッターが活用される様子を特集。ツイッター上で呼びかけて初対面の人同士が集まって議論する様子や、教授が、授業中にツイッター上に流れる反応を授業の参考にしている様子などが紹介された。

   今回注目されているサービスは、10月19日にスタートしたばかりの「sfcnote」。サイト上の説明によると、「学生同士が、授業内容について意見をより活発に共有することで、創発的な授業、キャンパスを創りあげていく」ことや「キャンパス内外のコラボレーションの活性化」を目的に、同大環境情報学部4年生の学生が立ちあげた。

   仕組みは比較的シンプルで、教室ごとに「ハッシュタグ」と呼ばれる記号を設定。授業中、教員の説明に対して学生が同じ教室でつぶやいた意見などを一覧できるようにする。その上で、教室ごとのつぶやきを「1限」「2限」といった授業のコマごとに区切り、「参加者が共同で作ったノート」が完成するという仕組みだ。10月22日現在、

「本日3限、SFCで一番盛り上がった教室はε22のようです! 24項目が書き込まれました!」

といったように、一番「つぶやき」が多かった授業がどこかを自動的に表示する機能も備わっている。

「つぶやき」をアーカイブ化した点に意味がある

   もっとも、現段階で生成されている「ノート」は、いわゆる「授業ノート」のようなものではなく、内容は授業の「実況」に近いのが実際のところだ。

   だが、サイト上の発表資料によると、すでに

「小学校の頃にやった、紙を回しあったり、筆談したりしていたことをもっと有意義にしたものって感じだなぁ」
「コミュニケーションを取り入れることで、楽しくいつもよりも集中して授業受けられた」

といった声がつぶやかれているという。

   この取り組みについて、SFC出身でツイッターや携帯電話に詳しいジャーナリストの松村太郎さんは、ツイッターが急速に広がった背景について、

「今の大学生にとって、グーグルやウェブのサービスは、気付いた時には『すでにあったもの』。つまり、ウェブは『やり尽くされた感』があったのですが、これを打ち破って『自分たちでも新しいものが作れる!』という感覚を約10年ぶりにもたらしてくれたのがツイッターでしょう。新しいものをすぐ実装し、利用者もすぐに新サービスに付いてくるあたり、学生の順応力の高さを感じます」

とみる。その上で、今回の取り組みについては、

「『実況』と言えば、その通りなのですが、通常だと流れ去っていく『つぶやき』をアーカイブ化したという点に意味があると思います。『パッケージ化されていない学びの場を、どのようにして可視化するか』という点では、あまり世界でも例にない取り組みなのでは」

と高く評価している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中