生放送で「Windows7」全く動かず 中野アナ「中国版じゃない?」の真意

印刷

   世界同時発売された米マイクロソフト(MS)の新しい基本ソフト(OS)「Windows7」。不人気だった前作の「Windows Vista」に比べ操作性が良くなったとユーザーは期待し、発売前から盛り上がっていたが、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」のスタジオで実際に操作してみたところ、全く動かなかった。中野美奈子アナウンサーから「ソフトは中国版じゃないですよね?」といった「疑惑」発言も飛び出した。

   「Windows7」は2009年10月22日に発売。不評だった前作「Vista」の反省を踏まえ、動作の速さ、使い勝手の向上を徹底。モニターに指を触れることで操作できるタッチパネル方式も採用している。事前の評価は高く、国内の1カ月間の事前予約は、前作「Vista」の発売3ヵ月分を超えた。

「大丈夫ですか?」「指に油がついているとか…」

   発売開始のフィーバーぶりを民放各局はこぞって報道する中、09年10月23日の「とくダネ!」では、スタジオにモニターを設置、生放送で「Windows7」を操作した。笠井信輔アナウンサーはタッチパネルの機能を紹介。「バーチャルアース」という立体で描かれた地図ソフトを立ち上げ、指で画面を触ることにより、フジテレビ周辺の画像を出そうとした。笠井アナは、

「画面をポンポンッとね、やると動きますから」

と画面をタッチした。しかし、何も起こらなかった。あわてる笠井アナ。中野アナは「大丈夫ですか?」「指に油がついているとか…」と心配した。

   キャスターの小倉智昭さんは、

「昨日ね、スーパーニュースでね、木村(太郎)さんも(操作したが)走らなかったんですよ」

と説明。中野アナいきなり、

「それ(Windows7)、中国版ということじゃないですよね。日本のですよね?」

と発言した。マイクロソフトの担当者を呼んで具合を見てもらったものの、結局ソフトは動かず、笠井アナはソフトに不具合があるのではない、とし、

「大変申し訳ありません。お店で体験してください」

と「実演」を中止した。

   放送終了後まもなく、この場面の録画が動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップされ「放送事故!」などと話題になった。中野アナの発言にも注目が集まり、「中国版wwwこの発言いいのか??」「中国版わろた」などが掲示板に書き込まれた。

中国では47種類の海賊版が流通している

   中野アナの「中国版」発言はなぜ出たのか。「ユーチューブ」にアップされた動画には映っていないが、実はスタジオで「Windows7」を操作する前に、中国で「Windows7」の海賊版が2ヵ月ほど前から出回っていることを紹介していた。

   北京のパソコン専門店にテレビカメラが入り、

「本物がほしいの?偽物ならあるよ」

といった店員とのやり取りが放送され、怪しい「Windows7」のパッケージが出てきた。現在、中国の5大都市で47種類の海賊版が流通していて、価格は50元(約670円)。そんなソフトはまともに動くはずもなく、スタジオで「Windows7」が動かないのは、スタッフが間違って海賊版を使っているのではないか、と中野アナが思ったからのようだ。

   ちなみに、一度は諦めたスタジオ内での「Windows7」の操作だが、番組終了間際、調整が間に合ったようで、笠井アナがタッチパネルを操作しソフトを動かす映像が流れた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中