参院補選で民主が2勝 衆院選の優位崩れず

印刷

   参院の神奈川、静岡両選挙区統一補欠選挙の投開票が2009年10月25日行われ、民主党の2新人が自民党候補らを破って初当選を果たした。

   当選したのは、神奈川がエコノミストの金子洋一氏(47)、静岡が医師の土田博和氏(59)。注目された政権交代後初めての国政選挙では、内閣支持率の高さもあって民主党の優位が崩れなかった。

   これで、民主党系会派は参院の過半数まであと1議席と迫り、2010年夏の参院選で目指す単独過半数に向けて弾みが付いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中