「人選過程と作業内容に問題」 小沢氏行刷会議に不快感露わ

印刷

   民主党の小沢一郎幹事長は2009年10月26日の会見で、行政刷新会議で予算の無駄使いを洗い出す「事業仕分け」の作業チームに新人議員が多数選ばれたことについて、「まったく党が知らない間に進んでいたし、何をするのかという内容についてもよく分からない」と不快感を露わにした。

   事業仕分けでは、衆参両院の民主党議員32人が10月21日に初会合を開き、活動を始めた。だが、8月の衆院選挙で当選したばかりの新人議員が14人含まれていることに党側が難色を示し、10月23日に予定された会合が突然中止された。その後、26日には平野博文官房長官が「基本的には2期生以上が望ましい」と発言し、新人議員をメンバーから外す考えを表明した。

「まったく党が知らない間に進んでいた」

定例記者会見に臨む小沢一郎幹事長
定例記者会見に臨む小沢一郎幹事長

   このような一連の動きについて、小沢幹事長は、作業チームの人選のプロセスと作業内容の両方に問題があったと指摘。作業の内容については、

「分厚い予算書の項目をみて、これは何のやつだ、これはいいとか悪いとか、そんな判断はベテラン議員でもなかなか簡単にできる問題ではない」

と述べ、経験に乏しい新人議員が事業仕分けに関わっても成果を挙げられないのではないかという見解を示した。人選のプロセスについては、仙谷由人行政刷新担当相から党側への根回しが不十分だったようで、

「まったく党が知らない間に進んでいた。改めて説明を聞いて、相談したい」

と不快感を示した。

「民主党公約と矛盾するのでは」質問に答えず

   また日本郵政の次期社長に内定した斎藤次郎氏(元大蔵事務次官)について、小沢幹事長は

「非常に腹のできた、優秀な次官だったと思っている」

と肯定的に評価。斎藤氏が小沢幹事長と非常に親しい関係にあると伝えられている点については、

「いろんな話があるが、私は報道の前日に話を受けただけ」

と人選への関与を否定。そのときの、亀井静香郵政・金融担当相とのやり取りについて次のように話した。

「(亀井担当相から話を聞いて)『政府部内は全部それでいいのか、了解なのか』という一言を申し上げました。そうしたら、『そりゃ、みな了解だ』ということだったものですから、それ以上は私の立場からはとやかく言うあれじゃありませんので、『ああ、そうですか』と申し上げました」

   記者からは「脱官僚という民主党の公約と矛盾するのではないか」という主旨の質問も出たが、それについては明確には答えなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中