太陽光発電住宅が急増 続々値下げで月一万戸

印刷

   太陽光発電システムを導入した一戸建ての受注が急増している。家庭用で一般的な3キロワットの発電設備だと、およそ200万円と高額にもかかわらず、前年の実績を大きく上回る勢いだ。国や地方自治体から支給される補助金や、余った電気の買い取り額の引き上げが追い風になった。

   住宅メーカーが値段を一斉に値下げしたことも拍車をかけている。積水ハウスは1キロワットあたり13万円引きで販売したところ、半年間で前年実績を上回った。業界最大規模の一律66万円の値下げに踏み切った大和ハウス工業では、お客の5人に1人が太陽光発電を注文している。値下げ競争が進む一方、メーカーの持ち出しになることもあり、手放しで喜んでいられないようだ。

国から1キロワット7万円の補助金

   太陽光発電システムの設置費用は3キロワットでおよそ200万円が相場だ。国から1キロワットあたり7万円の補助金が支給され、3キロワットの場合は21万円安くなる。補助金の窓口になっている太陽光発電普及拡大センターの広報担当者は、

「新築、既存住宅への設置を合わせた申請件数は、2009年4、5月が月3000~6000件でしたが、7月から毎月1万件を超えています」

といっている。

   09年度の補助金事業の予算は200億5000万円で、8万4000件程度を見込む。

   家庭用太陽光発電の場合、余った電力は電力会社に売り、曇りや雨で発電量が足りない時や夜間は電力会社から購入することができる。11月1日から電力会社の買い取り価格が現行の2倍の1キロワット時48円に引き上げられる。それもあってここ数か月間の設置が目立っている。

   積水ハウスでは太陽光発電システムを1キロワットあたり13万円引きで販売し始めた5月から受注が増加し、7月は600戸を超えた。2~7月累計は2800戸で、08年度(08年2月~09年1月)の2056戸を早くも上回った。このままの勢いなら09年度計画の6000戸も達成しそうだ、と同社はみている。

新築の受注を増やすための値下げ?

   業界最大規模の値引きをしている大和ハウス。2.5キロワット以上で一律66万円の値引きを7月から実施している。太陽光発電住宅が戸建受注に占める割合は08年度(08年4月~09年3月)が12.6%だったところ、09年7月以降は20%を超えている。

   住友林業でも09年4~6月期は前年同期の1%程度から16%に拡大した。09年4月~2010年3月までの目標は09年5月時点で1000戸だったが、10月時点で1500戸に修正した。

   パナホームは08年度(08年4月~09年3月)に販売した太陽光発電住宅が戸建全体の20%だったが、約2割引になるキャンペーンを行った09年7~9月は50%を占めた。

   ミサワホームは、3キロワットの太陽光発電システムを一律70万円で09年1~9月に販売。09年1~7月の受注は1000戸を超え、08年の700戸を超えた。

   しかし、手放しで喜んでばかりもいられないようだ。

「戸建全体での受注は依然として前年を下回っています。不景気で住宅市場の冷え込みが厳しく、少しでも新築の受注を増やすために太陽光発電システムの値下げを実施しましたが、それ自体では持ち出しになることもあります。建物側でなんとか利益を出していきたい」

ミサワホーム広報担当者はこう話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中