ビートたけしが紳助を「チクリ」「東京03騒動のせいでひどい目に」

印刷

   島田紳助さん(53)がお笑いトリオ「東京03」をテレビの生放送中に叱責した件について、ビートたけしさん(62)が「紳助批判」と受け取れるコラムをスポーツ紙に書いた。この「事件」をきっかけに、あいさつに来るタレントが増え、とばっちりで「困っている」というのだ。ネットでは「よくぞ言ってくれた」という声が大量に出ている。

   問題になっているのは、TBSの特別番組「オールスター感謝祭」(2009年10月3日放送)。会場全体が暗くなっている時に、一瞬だけ番組司会の紳助さんが、「東京03」に詰め寄るシーンが映った。何が起きたかの説明はなかったが、その後ずっと「東京03」がうつむいているのを見て、両者の間にトラブルがあったのではないか、とネットが騒然となった。

タレント挨拶にきて「うるさくってしょうがない」

   これに関して、お笑いコンビ「オール阪神・巨人」の巨人さんが09年10月4日に自身のブログで経過を説明。

「(紳助さんは)何か少しカチンと来たのでしょうね!?でも大丈夫ですよ、少し怒った後に打ち上げも一緒に行って最後は握手をしてハッピーエンド」

   と明かした。巨人さんはメールで、紳助さんに「堪忍してやって!」とお願いしたところ、「少し怒って堪忍した」という返事が来た、とも書いている。するとブログのコメント欄には、紳助さんへの非難が殺到、コメント欄は閉鎖された。

   現在は巨人さんのブログは平常に戻っていて、「事件」の記憶も薄れかけていたが、ビートたけしさんが09年10月27日付けの「東京スポーツ」で、

「紳助のせいで俺にとばっちり」

   という記事を書き、ネットではまた騒ぎがぶり返した。ちなみに、たけしさんは「東スポ」の客員編集長を務めている。

   記事には、

「紳助が『あいさつがない』とかって若手の東京03ってのを怒ったものだから、出番前にタレントがいちいちオレんとこにあいさつに来て、うるさくってしょうがないよ」

   などと書かれている。

「よくぞ言ってくれた!」と「祭り」に発展

   たけしさんはテレビの出番前には寝ていることが多いのに、出演者など多くの人達がいちいちあいさつにくるようになってしまい、寝られなくなってしまった、というのだ。これからは「紳助の逆に出ようかな」、つまり、あいさつ禁止、たけしさんの顔を見ても絶対なにも言わない、などの取り決めをしたい、というのだ。皮肉交じりに、紳助さんを「チクリ」とやった感じだ。

   これに対しネットでは、「紳助に灸を据えられるのはたけしだけ」など、賛美する書き込みが大量に出回っている。掲示板「2ちゃんねる」にはスレッドが多数立つ「祭り」に発展。

「やっぱりタケちゃんマンは器がデカイ いちいち小さな事に目くじら立てないし 大物はこうでなきゃ」
「たけしを慕う芸人が多いのも頷けるなあ」
「まぁ挨拶は基本で重要だけどな でも、あそこまで怒るのは紳助の器の小ささ」

   などと書き込まれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中