記者会見で「ネットユーザーの声」代弁 ニコニコ動画が岡田外相に質問

印刷

   ネットユーザーの疑問に大臣はどう答えるか? 記者クラブ以外のメディアにも開放された外務省の大臣会見で、インターネットで募集したユーザーの質問を会見場にいるスタッフが「代読」するという試みが実施された。大臣はきちんと問いに答え、ネット上ではユーザーたちの「歓声」があがった。

   外務省で2009年10月27日に開催された岡田克也外相の定例会見。約50分間に及んだ質疑応答の最後のほうで、インターネットの動画サイト「ニコニコ動画」のスタッフが、ユーザーの質問を大臣にぶつけた。テーマは「テレビとネットの違い」についてだった。

「テレビとネットの大きな違いは?」と質問

岡田外相が質問に答えると、ニコニコ動画のユーザーから「よくやった!」などのコメントが寄せられた
岡田外相が質問に答えると、ニコニコ動画のユーザーから「よくやった!」などのコメントが寄せられた
「大臣は野党時代の早くから自らのサイトで動画配信をしてきたということですが、ニュースの報道という点において、テレビとネットの大きな違いはどういったものだとお考えになりますか?」

この質問に対して、岡田外相は笑顔で答えた。

「私自身が配信してきたのは、私の主張を多くの方に知っていただくため。媒体を通すと、私自身の本意とは違う伝えられ方をすることがありますけど、(ネットの)映像ですと、それがそのままということになりますから、そういう意味でありがたい。政治家にとっては、自分の考え方をより広く発信するための非常にいい手段だと思っています」

   さらに続けて、ニコニコ動画のスタッフが「大臣自身はインターネットをどのように使っていますか」とたずねると、岡田外相は

「自分のホームページをみるぐらいです。時間もありませんので」

と苦笑しながら返答した。

ネットユーザーのために会見場にマイクを設置

   質問は、ニコニコ動画のサイトで前日から募集。ユーザーから寄せられた問いの中から、「過去の質問と重複していない」といった基準で3つの質問に絞り、会見開始10分前にニコニコ動画上でアンケートを実施した。その結果、最も支持が多かったのが「テレビとネットの違い」についての質問だった。

   ニコニコ動画のスタッフが質問を代読する様子はもちろん、ネットで生中継された。同サイトの中継画面は、

「きたーーー」
「おおおおおお」
「いいねー」

といった「歓声」のコメントでいっぱいになった。岡田外相の回答についても「真面目に答えてくれてる」と肯定的に評価する声が多い。ニコニコ動画の現場スタッフも「ユーザーの反応がすごかった」と興奮気味に話していた。

   実は、岡田外相の記者会見では10月16日から、記者が質問するときにもマイクを使うようになった。インターネット中継で見ているネットユーザーに、記者の質問内容がしっかり聞こえるように、との配慮からだ。「自分ではインターネットはあまり使わない」という岡田外相だが、ネットを使った情報発信については非常に意欲的といえる。

   既存のマスメディア以外に向けた情報発信に積極的な大臣としては、もう一人、亀井静香郵政・金融担当相がいる。ニコニコ動画は、その会見でも今回と同様に「ユーザーの質問の代読」を試みる予定だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中