「毛利小五郎」後任は小山力也 「文句の言いづらい人選だ」

印刷

   声優の神谷明さん(62)が人気アニメ「名探偵コナン」の毛利小五郎役を突然降板、後任に舞台俳優としても活躍している小山力也さん(45)が決まった。神谷さんが降板する理由ははっきりせず、ネットで大騒動になったが、後任が小山さんだとわかると、歓迎ムードが広がっている。

   神谷さんの降板は自身のブログで突然明かされた。09年9月18日に書かれたブログには「ファンの皆様にご報告いたします」とし、13年間勤めた毛利役を「解かれた」理由を、

「契約上の問題と、信・義・仁の問題」「ひとえに私の不徳の致すところであります」

とだけ説明した。

ジャック・バウアーの吹き替えで有名になった

   「小五郎の声はほかの人ではダメです、台無しです」など、降板は納得いかないとのコメントが、半日で1400以上も殺到。あまりの反響の大きさに神谷さんは20日にブログで、降板の理由を記した。ネットでは神谷さんは声優のギャラなどの待遇向上に尽力しているが、それを「個人的な利益」だけが目的だと言いふらされたことが原因ではないか、という憶測が流れていた。

   後任に決まった小山さんは劇団俳優座に所属する役者だが、今や、声優界の重鎮的な存在として人気が高い。最近ではアメリカのテレビドラマ「24 -TWENTY FOUR-」の主演・ジャック・バウアーの吹き替えで一躍有名になった。アニメは攻殻機動隊「S.A.C. 2nd GIG」「はじめの一歩」「うみねこのなく頃に」など多数出演。「コナン」にも何度かゲストで出演している。

   「コナン」を制作している読売テレビは小山さんの起用について、オーディションを行った後、

「プロデューサー陣と原作者の青山剛昌先生とが話し合い、満場一致で決定した」

としている。読売テレビの北田修一プロデューサーは小山さんの起用理由について、渋い演技もコミカルな演技も格別であり、毛利というキャラクターは演技の振り幅が広く難しいが、「小山さんは見事に演じられる」とコメントしている。

「神谷明さんの作り上げた小五郎を大切にしたい」

   「コナン」の原作が連載されている「週刊少年サンデー」09年11月11日号には声優交代の発表がされていて、小山さんは、

「大先輩の神谷明さんの後任に決まった知らせを受けた時は、ただ驚き慌てふためくばかりでした」

と心情を打ち明けている。それでも役を演じる以上は

「神谷明さんの作り上げた小五郎を大切に、そして失礼のないよう、心をこめてやっていきます」

と決意している。

   声優が交代する時、ネットではいつも騒動になるのだが、小山さんの名前を聞いたファン達からは「納得」の書き込み多く出ている。

「神谷明以外あり得ないと思ってたけど小山ならありと思ってしまった」
「び、微妙…でもまぁ、叩かれにくい人を連れてきたなと思う」
「これは不幸中の幸い、いや、不幸中のサプライズだ」

   小山さんの出演は09年10月31日放送からになる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中