国債増発09年度最大8兆円超に 市場関係者と意見交換

印刷

   税収の落ち込みによって、2009年度の新規国債の増発が最大で8兆円を上回りそうなことから、財務省は市場関係者との意見交換を進めている。

   09年度の国税収入が当初見通しの46兆1000万円を6兆円程度不足しそうなことや、個人向けの国債販売が低調なことから予定(4兆2000億円)を約2兆円下回る可能性がでてきた。一方、リーマン・ショック後の景気刺激策などで、10年もの国債などの発行は増えており、市場で吸収することがだんだん難しくなっている。

   財務省は「税収不足や国債の販売実績は数字が確定しているわけではない。不足分を補うにしても、現段階でどのように調達するのがいいのかを検討する。そのために市場関係者との意見交換を進めているところ」と話している。

   国債の増発は長期金利の上昇圧力になる。機関投資家の引受リスクが膨らんでおり、それを軽減するためにも、償還までの期間が1年以下の国庫短期証券の増発でまかなうことが考えられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中