小型燃料電池国内で初の発売 メーカー間の熾烈競争スタート

印刷

   携帯電話やパソコンを小型のモバイル型燃料電池で動かす時代が現実のものになりつつある。小型燃料電池を国内で初めて発売するという発表が2009年10月22日、国内メーカーから相次いだ。

   携帯電話の電源が切れたら、水素を発生するカートリッジをコンビニで買って小型燃料電池に差し込み、その場で充電するといった時代が、もうすぐやってくるかもしれない。

GSユアサ陣営は2010年夏の量産を狙う

   大手電池メーカーのジーエス(GS)ユアサグループと燃料電池開発のベンチャー企業、アクアフェアリー(京都市)は同日、携帯電話を充電したり、屋外でネットブックパソコンを動かしたりする電力を供給する発電機として使える小型燃料電池を、2010年夏をめどに市販すると発表。これに対抗するように、東芝も同日、携帯電話や携帯音楽プレーヤーなどの充電に使える小型燃料電池を10月29日から限定発売すると発表した。

   奇しくも同じ日に、国内第1号となる小型燃料電池の市販が発表されたわけで、市場投入で先陣を争うメーカー間の競争の激しさを物語っている。両陣営の小型燃料電池は携帯電話の充電に使えるなど似ているが、GSユアサ陣営がベンチャー企業と組んで2010年夏の量産を狙っているのに対して、東芝はインターネットを通じた限定3000台の販売となっており、今回は市場反応を見る試験的な色彩が強いようだ。

   小型燃料電池はコンセントがない屋外などで、携帯電話やパソコンの電源が切れそうになった時に充電できるメリットがある。両陣営の小型燃料電池を比較すると、東芝がメタノールから水素を取り出して酸素と反応させて発電し、モバイル機器の充電に使うことを想定しているのに対して、GSユアサ陣営は業界では主流とされるメタノールを使わず、特殊な金属の化学反応を応用した水素発生剤を使う点が特徴だという。

ネットブックだと小型電池4本で約3時間使える

   結果的にエタノール方式の東芝よりも、独自の水素発生剤を使うGSユアサ陣営の燃料電池の方が出力が大きく、それゆえに燃料電池本体を小さくできるメリットがあるのだという。GSユアサ陣営の燃料電池は携帯電話の充電だけでなく、その場で発電しながらパソコンに電力を供給することもできるといい、屋外電源として使える本格的なものらしい。

   GSユアサ陣営の水素発生剤のカートリッジ(縦横1センチ、高さ3.5センチ)を燃料電池本体(縦横1.9センチ、高さ5センチ)に装着すれば、携帯電話を2時間でフル充電できる。ネットブックの場合は、小型燃料電池4本で約3時間使える。目標とする販売価格は燃料電池本体が2000円程度、カートリッジが100円程度で、コンビニなどでの販売を目指すという。

   一方、東芝の燃料電池は燃料電池本体が送料込みで2万9800円。燃料のメタノールは50ミリリットル入り5本が同3150円。本体は幅15センチ、高さ7.45センチ、奥行き2.1センチと、GSユアサ陣営に比べると大ぶりだ。メタノールを14ミリリットルのカートリッジに詰めると、携帯電話を2回フル充電できるという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中