ファミリーマートとサークルKサンクス 提携、集約進むのか

印刷

   名古屋市など東海地方に強い大手スーパーのユニーが、伊藤忠商事から3%の出資を受け入れ、業務提携を拡大することになった。激しい価格競争で消耗戦が続く小売業界では、良質な商品をより安く調達して低価格で販売するために、販売拠点の拡大だけでなく、物流網の合理化、プライベート・ブランド(PB)商品の開発力強化といった課題が山積している。国内外で川上から川下までの調達、生産、販売網などの構築を進める商社との連携が今後も続きそうだ。

   ユニーの前村哲路社長は2009年10月22日の提携発表会見で「日本は低成長時代を迎え、デフレによる低価格化だけでなく、『身の丈スタイル』といわれる欧米的な消費スタイルの定着など大きな変化に直面している。コストの構造を大幅に変える必要がある」と説明した。

コンビニは将来的には大手3社に集約される?

   伊藤忠の小林栄三社長も小売りなどの生活産業分野を今後の成長の最重要分野と明言したうえで、「伊藤忠の世界的販売網、繊維・食品などのメーカー群、物流などの機能を使えば、両者の互恵関係をさらに高めることができる」と述べた。

   両社は2006年に業務提携し、これまでいくつかの分野で協業を進めてきた。代表的な例が団塊ジュニア世代向けのファッションブランド「ドゥミエタージュ」や、低カロリーのパン「体にスマイル」などユニー向けPB商品の共同開発、IT・物流分野での協力などだ。今後はこれを中国など海外への事業展開や、食品廃棄物リサイクル、農業の共同事業化などにも広げていくことにした。両社の現在の取引額はグループで1100億円前後だが、今後2~3年で1000億円程度の新しい取引を開拓したいという。

   両社の傘下には、伊藤忠系のファミリーマート、ユニー系のサークルKサンクスという大手コンビニエンスストアもある。伊藤忠幹部は「コンビニは将来的にはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの大手3社に集約される」と語っているだけに、両コンビニの商品、IT、物流などでの連携強化が進むかどうかも注目点だ。

「伊藤忠-ユニー連合」にとってもコスト削減は時間との戦い

   ユニーは2009年春、提携関係にある大阪のスーパー「イズミヤ」、四国が地盤のフジと3社共同の共通PB商品の開発を発表したばかり。最大手のイオンやセブン&アイグループなど、全国に1000カ所以上の系列店舗を持つ流通グループが、巨大な販売力でPBの拡大や商品の低価格化を先導しているのに対抗し、地域連合を強化していく戦略だった。前村社長は「伊藤忠とは縦の関係、小売り2社とは横の関係。今後は縦と横が有機的に結びつくのではないか」と述べた。今春以降の相次ぐ提携が相乗効果を発揮することに期待した発言だ。

   足元の個人消費の冷え込みはユニーにとって予想以上に深刻で、2009年8月中間決算は営業赤字に転落。4月に下方修正した11年2月期までの中期経営計画はさらに下方修正が避けられない状況。三菱商事との連携を深めるイオンや、「ドン・キホーテ」などのディスカウント量販店との競争は消耗戦に突入している。今回の提携は、「イオン-三菱商事」「丸紅-ダイエー」「住友商事-サミット」などに継ぐ商社・小売り連合だが、提携関係の濃淡はそれぞれ異なる。「伊藤忠-ユニー連合」にとってもコスト削減効果の実現は時間との戦いだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中