法人税収入半減5兆円 70年代以来の低水準

印刷

   2009年度の法人税収が「赤字」に落ち込んでいる。財務省が2009年11月2日に発表した「9月末の租税及び印紙税収入、収入調」によると、09年上期(4‐9月期)の税収(一般会計)は約10兆円。このうち法人税収はマイナス1兆3000億円と、赤字(還付超過)だった。09年4月には約10兆円の予算を見積もっていたが、「(予算の達成は)現実的には無理」(財務省)としている。

   法人税収が赤字に陥ったのは、金融危機の影響で企業の業績が悪化して09年3月期決算が予想以上に落ち込み、企業が余分に納めていた税金を払い戻す、「還付金」が増えたため。9月単月でも、259億円の還付超過だ。

上期に還付金が税収を上回ったことはなかった

   法人税のピークは1989年度の19兆円。ここ数年では2006年度、07年度に約15兆円あった。ところが、リーマン・ショック後の世界的な景気悪化の影響で08年度は10兆円に減った。さらに、09年度はほぼ半減の5兆円にとどまる可能性が出てきた。当初は前年実績を上回る10兆5440億円の予算を立てていたが、この達成は到底困難。しかも、5兆円という水準は1970年代以来の低水準だ。

   企業の業績悪化は深刻だ。財務省は「予想以上に景気悪化の影響が出ている」とし、これまで上期に還付超過の事態になったことは例がない。ただ、「下期は還付金の戻しの幅が縮小してくるので、超過(赤字)はなくなる」とみている。

税収40兆円を下回る可能性も

   個人から徴収する所得税も雇用不安や給与の削減などが響いて、落ち込みが激しい。15兆5720億円の予算に対して、9月末までに5兆5472億円しか入っていない。進捗状況は35.6%と、予算達成には心許ない。

   財務省が09年4月に立てた一般会計予算は46兆円。しかし、9月末時点では10兆923億円の税収しかない。「現時点で、いくらになるかは申し上げることはできない」(財務省)というが、このままでは40兆円を下回る可能性も出てきた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中