防寒用下着「安さ」と「デザイン」  スーパーがユニクロに「挑戦」 

印刷

   日ごとに寒さが増し、防寒用の「機能性下着」が売れている。イオンの「ヒートファクト」はメンズが2008年の4倍、レディースが7倍売れていて、08年の4倍にあたる1000万枚を販売する計画だ。イトーヨーカドーの「パワーウォーム」も出だしが順調で、08年の2.5倍にあたる250万枚の販売を見込んでいる。西友「エコヒート」も出だしの売上げが08年の2倍を達成した。

   共通しているのは700円台から1000円前後という価格だ。これは機能性下着で定評のあるユニクロ「ヒートテック」を2割ほど下回る。衣料品が伸び悩むなか、各社とも安さで勝負をかけているようだ。

「ヒートテック」よりも2割安い

   イオンのプライベートブランド「ヒートファクト」は、発売を開始した2009年9月8日から10月25日までに、メンズが数量ベースで前年同期比4.8倍、レディースが7.6倍を売り上げた。

「出だしは好調です。これから寒さが本格的になるので、売れ行きがさらに伸びることを期待しています。2010年1、2月までに前年の4倍にあたる1000万枚を販売する計画です」

広報担当者はこう話す。

   09年モデルのこだわりは「暖かさ」だ。極細アクリル糸を使うことにより体温で温まった空気を蓄え、保温性を高めた。レディースは極細アクリル糸の組成混率を08年モデルと比較して17%高くし、メンズ向けは温まった空気を蓄えやすいワッフル編みの商品を新たに展開している。

   価格にもこだわり、機能性下着で人気のユニクロ「ヒートテック」よりも2割程度安く設定。レディースのタートルネックは「ヒートテック」が1500円なのに対し、「ヒートファクト」は980円。メンズの半袖は「ヒートテック」が1000円で、「ヒートファクト」は780円。長袖は「ヒートテック」が1500円、「ヒートファクト」は1280円だ。

   安いだけでなく、色柄を豊富に揃えた。白や黒といったベーシックカラーに加えて、赤、黄、紫、緑、紺など8色とボーダー柄を展開する。

若い男性がワイシャツやズボンの下に着る

   各社とも機能性下着に力を入れている。

   イトーヨーカドーは「パワーウォーム」を発売し、08年の2.5倍にあたる250万枚の販売を計画している。レディース8アイテム、メンズ9アイテムを揃え、価格は08年より2割弱安い780円~980円に設定した。

「出だしの売上げは計画通り08年の2.5倍で推移しています。人気があるのはタートルネックで、これから寒くなると紳士のタイツの売れ行きがよくなりそうです」(広報担当者)

   レディースは9アイテムすべて990円、メンズは7アイテムで990円と1290円に設定し、「選べる楽しさ」を押し出したのは西友「エコヒート」だ。出だしの売れ行きは数量ベースで08年の2倍だ。

「従来は年配の人に売れる商品でしたが、最近は客層が広がり、若い男性がワイシャツやズボンの下に着ているようです。手ごろな価格の機能性下着が増えていることや、デザインが豊富になりダサイという感覚がなくなっていることで、08年あたりから人気が高まっています。リピートするお客さまが多いのも特徴です」

   ユニクロに並ぶ人気の低価格衣料品店「ファッションセンターしまむら」も、機能性下着「ファイバーヒート」を売り出している。婦人長袖が780円、タートルネックが970円だ。

「08年よりも生産量を増やしました。細身のアウターが流行しているので、中に着てもだぼつかない軽くて温かい商品が売れ筋です」

と、しまむらの担当者は話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中