高速道路で「車中泊」旅行 ガイドブックも発売される

印刷

   節約志向の高まりを受けて、車の中に泊まる「車中泊」が注目を集めている。高速道路の休日料金が1000円の導入で長距離ドライバーが増え、アウトドア派の間だけでなく一般の人にも広がっているのだ。

   車中泊する場所は、高速道路のサービスエリアや道の駅の駐車場。車中泊のガイドブックも出ていて、今後も利用者が増えることが予想される。一方でマナー違反など問題も起き、高速道路の運営会社では推奨していない、といっている。

車中泊で土日を有意義に使える

   車中泊のメリットはなんといっても宿泊費がかからないこと。家族が多いほど得になる。また、旅館やホテルに予約して泊まるには、決まった時間までにチェックインしなければならずスケジュールが制限されるが、車中泊なら好きなように動ける。座席をフラットにして寝たり、場所によってはテントや寝袋を使う人もいる。

   ただ、デメリットもある。狭い車内で寝るので疲れがとれない。夏は冷房をかけないと暑い。冬は冷え込む。冷暖房を付けっぱなしにしている車も多い。そんなこともあって、最近はアイドリングを禁止している駐車場も多くなっている。

   とはいえ、不景気で少しでもお金を浮かしたいという人に車中泊が人気で、きれいなトイレがある高速道路のサービスエリアや道の駅の駐車場を使っているようだ。

   「Yahoo!トラベル」の「旅の知恵袋」には、

「香川・坂出IC~愛媛・松山IC間あたりで、車中泊できそうな道の駅を探しています。できれば新しそうなほうがいいです。また、近くに温泉もあると助かるのですが」

   という質問が2009年10月8日に書き込まれている。

「ディズニーシーに行く予定です。車中泊を考えており、風呂は近辺のスーパー銭湯湯処葛西に行く予定ですが、ここの駐車場または隣のイトーヨーカドーは車中泊できますか?他にディズニーシー近くに車中泊できる場所はありますか?」

   掲示板に09年10月24日に書かれている。

    車中泊のガイド本「ミニバン車中泊バイブル」や「快適車中泊スポットガイド」を発行している毎日コミュニケーションズの編集担当者は、

「土日を有意義に使うために、金曜の夜に出発して目的地の近くで車中泊し、土曜日はフルに使うという方法を提案したのが始まりですが、高速道路の休日利用料金が1000円になってサービスエリアに泊まる人がますます増えていると思います。トイレや入浴施設が近くにある駐車場が適していますが、流動的なので2~3の候補地を考えておく必要があります」

   と話している。

「車中泊は推奨していません」と西日本高速道路

   高速道路の利用料金が休日1000円になり、長距離ドライバーが増えている。西日本高速道路によると、09年5月の休日利用距離は80~200kmが08年同月に比べて1.3倍、200~400kmが1.7倍、400~600kmが1.6倍、600km以上が1.6倍となり、車中泊も増えていそうだ。

   ところがサービスエリアを管理している西日本高速道路サービス・ホールディングスの広報担当者は、

「疲れたときに休憩したり仮眠をとるために設置しているもので、泊まることを目的とした車中泊は推奨していません」

   といっている。

   東日本高速道路の広報担当者も、

「休日の高速道路料金が1000円になって交通量が増え、夜間でもサービスエリアが混むようになりました。一時的な休憩が目的で駐車スペースが限られているので、他のお客様と譲り合って使っていただきたいと思います。最近は大型車のスペースに普通車を止めるドライバーもいて、マナー違反が問題になっています。また、あまりに長い時間、駐車している場合には安否のために係員が声をかけることもあります」

   と話している。

   中日本高速道路では、

「夜間や長距離運転の場合、事故を起こしては大変なので、適度に休んでいただきたいと思います」

   と休憩利用を強調した上で、


「距離に対して走行時間が長い場合、ETCレーンで異常とみなし、バー上がらないケースもあります」

   と注意を呼びかけている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中