AKBアイドルがファンメールで私信?? 本人は否定

印刷

   女性アイドルグループ「AKB48」のメンバーが、ファン向けメールを私信に転用して、特定の男性ファンと会っていたのでは、と話題になっている。アイドル本人は、否定しているというが、そんなことができるのか。

   ファン向けメールは、携帯電話各社のメール配信サイト「ユメモバ!」の有料サービスだ。2009年7月に始まり、会員になれば、AKB48のメンバーやタレントのDAIGOさんらから月40通ほど携帯メールを受け取れる。

イケメンとされる男性ファンとやり取り?

「ユメモバ!」のAKB48サイト
「ユメモバ!」のAKB48サイト

   2ちゃんねるなどで私信転用のうわさが出ているのは、AKB48のチームBメンバーのAさん(16)。イケメンとされる男性ファンからのブログ上の問いかけに対し、Aさんがメールサービスで答える形で、私信をやり取りしていたのではないかというのだ。

   男性ファンは2009年10月23日、自らのブログで、「明日は僕の大好きなヲタク(c)とカラオケいってきまーすo(^-^)o」と明かしながら、配信メールがなかなか来ないことを心配する書き込みをした。深夜10時52分のことだ。ヲタクとは、アイドルオタク出身のAさんを指す可能性がある。

 

   すると、Aさんが、ファン向けメールで同11時14分、「げんきです)^o^( おやすみなさい)^o^(」と配信した。

   翌24日には、男性ファンが午後12時12分にこうブログを更新した。「カラオケの前に原宿散策することになったお(^0^)/ 洋服みるのかなー? 楽しみー(^0^)」。これに対し、Aさんはその1時間半後、「お買い物からのカラオケ予定w(゜o゜)w」とメール。直後に、男性ファン「原宿なう 僕の大好きなヲタクどこー?」、Aさん「まじひとおおい!ラフォーレでなんか買うかもしれん(>_<)」を最後にして、やり取りらしきものは途絶えている。騒ぎになったためか、男性ファンのブログも現在は閉鎖されている。

「やらせとか脚色といったものはありません」

   Aさんは、ファン向けメールで2009年10月24日昼前、仲のよいAKB48のチームAの研究生 (17)とカラオケに行くと言明している。ところが、研究生は、その日学校に行ってきたと配信メールで報告していたことから、2ちゃんのスレッドなどでは疑問が出ている。

   Aさんは、24日午後3時に、研究生に怒られたとなぜかメール報告し、その後、研究生は、Aさんと一緒にいると配信メールに書いている。たとえ男性ファンとやり取りがあったとしても、実際に会ったのかは不明だ。

   ファンとの交際は解雇理由にもなっており、Aさんの所属事務所AKSのスタッフは、2ちゃんで話題なのを知って、本人に確認したことを明らかにした。男性ファンとやり取りしたことについて、Aさんは、「そういうことはない」と否定したといい、思い当たる節もない様子だったという。このスタッフは、「ファンの皆さん個人に宛てたメールのような気分で書いていますが、特定のファンの方とやり取りをすることはありません。今どこで、だれそれとディズニーランドやカラオケに行っているとメールを配信するのは、メンバーではよくあることです」と話している。

   AKB48を巡っては、握手会をしてCDを売るなど、その独特な商法が話題になっている。もっとも、このスタッフは、やり取りのようなメールで有料サービスへの関心を高める狙いがあるのかについては、「やらせとか脚色といったものはありません」と否定している。

   ちなみに、配信サイト「ユメモバ!」の運営会社によると、メールサービスには、配信タレントの人数によって月額315~1575円のコースがあり、全体の利用者3万5000人のうちAKB48は2万人前後だという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中