消費不況でもアウトレットは別 東京・お台場に大型施設オープン

印刷

   東京・お台場の商業施設にアウトレット大型店がオープンする。49ブランド、総店舗面積は2000坪で、これだけの規模は23区で初めてとなる。郊外型の店舗と異なり、電車で行けるという立地の良さが売りだ。郊外店に比べて客足が見込めるためブランド側の理解も得やすく、49店中14店がアウトレット初出店となっている。

   2009年12月11日、お台場の商業施設「ヴィーナスフォート」内にオープンする。飲食フロアとして使っていた3階(2400坪)を改装し、2000坪の敷地に49ブランドのアウトレットが入居する。

お台場ではアジアからの観光客が増えている

   マックスマーラグループの人気ブランドを集めた「ブランズ オフ」、渋谷109に出店している靴ショップ「フラッグ-ジェイ」、メンズシャツ専門店「スタイルワークス」、眼鏡やサングラスを扱う「ルネッテリア アウトレット」などで、20歳代女性から主婦、男性と幅広い層に向けた構成にしている。

   ブランドにとって、アウトレットは新規客を取り込む「入り口」として定着しつつある。ブランドを知ってもらい、正規価格の店舗に誘導する狙いだ。

   ヴィーナスフォートの広報担当者は、

「電車で気軽に行けるというのが郊外型のアウトレットと異なる点で、デートやレジャー、仕事帰りにも利用していただきたいと思います」

とPRする。

   東京都によると、お台場の来訪者は06年4280万人、07年4500万人、08年4760万人と年々増えている。特にアジアからの観光客が増加傾向にあり、ヴィーナスフォートでは中国で15億枚発行されている「銀聯(ぎんれん)カード」を全店舗で使えるようにする。

アウトレットは全国で出店、増設ラッシュ

   ヴィーナスフォートが建つ地区「パレットタウン」には、トヨタ自動車が運営する車のテーマパークや観覧車などのレジャー施設がある。東京都が所有する土地で、ヴィーナスフォートを運営する森ビルとトヨタに10年の契約で貸している。2010年5月に契約が切れるが、森ビルは、

「更地にして返還し、その後は土地を購入して新たな建物を建設する予定でしたが、景気が悪くなり計画を見直すことになり、既存の施設を有効に使うことにしました。アウトレットを目玉にし、パレットタウンを活性化したいと考えています。新施設の着工延期については、東京都におおむね理解していただいたと思っています」

といい、都との土地賃借契約は延長されるようだ。

   不景気でもアウトレットは好調で、全国で出店、増設ラッシュとなっている。

   三菱地所の子会社、チェルシージャパンは茨城県阿見町に同社8店舗目となる「あみプレミアム・アウトレット」を09年7月9日にオープンしたのに続いて、「神戸三田プレミアム・アウトレット」は09年12月に88店舗増設、「土岐プレミアム・アウトレット」(岐阜県土岐市)は2010年夏に30店舗増設する。

   埼玉県入間市など全国に「三井アウトレットパーク」を8店舗展開する三井不動産は2010年春に北海道に、夏に滋賀県に出店する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中