青森「カーリング娘」人気沸騰 「応援定期預金」にも購入者殺到

印刷

   青森市スポーツ会館で行われたカーリング女子のバンクーバーオリンピック日本代表決定戦で「チーム青森」が勝利した。この試合の入場整理券は50メートルの列、450人が並ぶ人気ぶりだった。地元銀行が始めた「チーム青森応援定期預金」にも購入者が殺到、300億円を超える額が集まりそうなのだという。

   「チーム青森応援定期預金」は、青森市に本店がある「みちのく銀行」が09年9月1日から販売を開始した。店頭のみの販売で個人向けにも関わらず、09年11月4日には156億円になった。同銀行の広報によれば、同行が定期預金に特定の団体の冠を付けるのは初めて。他行の例に倣い一応の販売目標を300億円に設定していたが、「いくら集まるのか皆目検討がついていません」、という状態だった。

300億円集まると、強化資金が150万円

   オリンピック出場が決まる前から青森県の人達は「定期」に殺到。09年11月7日にオリンピック出場が決まり、これからボーナスシーズンを迎える。またバンクーバー五輪で活躍した場合、目標の300億を超える事態は十分考えられる。

   定期預金は、「チーム青森」支援のためだが、不況で疲弊する地元経済を活性化させようという狙いもある。購入するとオリジナルの「チーム青森応援ステッカー」がもらえる。10万円から999万9999円までで、金利は同行通常のスーパー定期預金1年ものに、0.05%プラスされる。また、預金額の0.005%が青森県カーリング協会に寄付される仕組みで、ちなみに10万円で5円が寄付される計算。300億円に達すれば150万円がチーム青森の強化資金になる。同行広報は、

「地元のチームを応援したいという気持ちと、金利がお得ということがからまって、幅広い層からの購入になっています」

としている。

「マリリン」のブログにもアクセスが殺到

   女子のカーリング人気は3年前のトリノオリンピックから急上昇。女子選手達を「カーリング娘」という呼び方も広まり、オリンピック7位に入賞した「チーム青森」は美人揃いだと話題になった。この時のスター選手は小野寺歩さん、林弓枝さんだったが2人は引退。現在はトリノオリンピックにも出場した目黒萌絵さん、本橋麻里さんにメディアの注目が集まり、本橋さんが開設したブログにもアクセスが殺到。「マリリン」の愛称で大人気だ。

   日本カーリング協会によれば、女子カーリングの人気は高まっているが、それは「チーム青森」人気に支えられていることが大きい。今後一層盛り上げていくためには「チーム青森」に匹敵するような人気チームを育成していくことが課題だ。2010年のバンクーバーオリンピックについては、

「選手の実力が確実に上がってきているため、トリノ以上の結果が出るのは確実だと期待しています」

ということだった。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中