楽天の「Edy」買収戦略 ホリエモンが大絶賛

印刷

   プリペイド型電子マネー「Edy」の運用会社ビットワレットを買収する楽天を、「ホリエモン」こと堀江貴文・元ライブドア社長が、ブログで絶賛している。ライブドアでなしえなかったことを楽天が次々に実現しているそうで、「楽天グループの快進撃は止まらなさそうだ」と褒め称えている。

   楽天は2009年11月5日、プリペイド型電子マネーを運用している「ビットワレット」と資本提携することで合意したと発表した。楽天が約30億円でビットワレットの第三者割当増資を引き受け、株式の過半数を取得。12月末からビットワレットを連結子会社にする予定だ。

イーバンク銀行は「銀座の売れっ子クラブ嬢」

   ビットワレットは01年から電子マネーの草分け的存在「Edy」を運営している。07年末には、楽天と業務提携を結び、Edyを使った買い物で楽天ポイントが貯まる携帯電話アプリ「楽天アプリ」を導入していた。今回の資本提携に伴い、楽天は取締役をビットワレットに派遣し、本格的に電子マネー事業に参入する。

   この楽天の戦略を2009年11月8日のブログで取り上げている。タイトルは「楽天が『Edy』を買収する意味」。ライブドア社長を降りた06年から「何も進化していないような錯覚に陥る」と語り、経営者時代に考えていた構想を楽天が次々と実現するのを見て「その実現力は素晴らしいものがある」と評価している。

   今回のEdy買収に先立ち、楽天はイーバンク銀行を買収した。イーバンクに対しては、ライブドアの前身、オン・ザ・エッジが03年10月に買収を画策。約23億円の第三者割当増資を引き受け、筆頭株主になっている。オン・ザ・エッジはイーバンクの持つ少額ネット決済のノウハウを活用し、自社のネット販売を強化するつもりだったが、その後方針を巡って対立。04年10月に提携を解消している。

   その後、イーバンクはGMOグループなどから増資を受けたものの、「有効なビジネスモデル」を発見できなかった。堀江さんはイーバンクを

「まるで銀座の売れっ子クラブ嬢のようである。やらずぼったくりというのだろうか」

と評し、「最初に酷い目にあわされたのは我々だったが」と振り返っている。そんな中、楽天は09年2月にイーバンクを連結子会社化した。リーマンショックで運用資産が大幅に減っていたところを、「相当厳しい条件」で楽天が買ったと推測し、「そこまでじっくり我慢した楽天の戦略勝ち」としている。「旧経営陣も全て追い出したみたいだ。それがいい」とも書いている。

楽天、電子通貨の統一目指す?

   今回の買収に関しては、これによってEdyが「相当強くなったと思われる」と語る。Edyは現在、エーエム・ピーエム、ローソン、ファミリーマートといった大手コンビニをカバーしているほか、「JAL系の売店」でも使えるようになっている。これに「通貨並み」だという楽天ポイントと連携すれば「普及率は一気にアップだ」と太鼓判を押す。

   楽天市場で買い物したときなどに貯まる1ポイント=1円の「楽天ポイント」を、Edyと連携させて店舗で使えるようになれば、「これは非常に嬉しいサービスである」。

   更に、イーバンク銀行の預金を、支払い時に即時引き落とす「デビットカード的」にEdyで使えれば、「非常に便利」だといい、「楽天グループの快進撃は止まらなさそうだ」と手放しで賞賛している。

   このエントリーには、11月9日現在で約270のはてなブックマークが付き、

「楽天が目指しているのは、(ポイント系含む)電子通貨の統一なのかもしれない」
「楽天経済圏」

といったもののほか、

「堀江時代のライブドアが失敗した案件をことごとく成功させる楽天。悲哀漂ってる」

といったコメントが寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中