「珍獣ハンター」イモトアヤコ ゴールは「歌って踊れる安室奈美恵」

印刷

   「珍獣ハンター」で知られるお笑い芸人・イモトアヤコさん(23)がテレビ番組で、モーニング娘。のオーディションを受けていた過去を明かした。幼少時から歌手に憧れていたといい、今後の目標は歌って踊れる安室奈美恵さんのようになることなのだという。

   イモトさんが出演したのはフジテレビ系バラエティ番組「ウチくる!?」スペシャル(2009年11月10日放送)だ。故郷・鳥取県に凱旋した。イモトさんといえば、珍獣ハンター。世界各国で珍獣を追いかけ、日本テレビのバラエティ番組で一躍有名になった。番組のオーディションで「一番足が早かった」とされ、抜擢されたのだ。

「今は若干、方向性がちがうんですけど」

   さて番組では、司会の中山秀征さんがトークで「どうして珍獣ハンターになったの? イモトのゴールは? 本当にやりたいことは何?」とたたみかけると、彼女はこう答えた。

「イモトのゴールは……安室奈美恵さんです」

   歌って踊れるアイドルには昔から憧れていたのだという。上京したのも、安室さんのようになりたかったからだ、と強調した。「(珍獣ハンターの)今は若干、方向性がちがうんですけど……」としながらも、「遠回りしつつ、いろんな経験もしつつ、最後は安室さんに」「徐々に徐々に、こっからです。巻き返しますから」と力説していた。

   イモトさんは実際、番組内で明かされた旧友の証言によれば、歌手か芸人になりたい、とよく言っていたのだという。母親が撮影した町内のカラオケ大会出演時の映像も流れたが、8歳のイモトさんは、こぶしをきかせた演歌を見事に歌い上げていた。そして将来の夢を問われると、「できれば歌手になりたい」と言っていた。

モーニング娘。のオーディションを受けたこともある

   実は、モーニング娘。のオーディションを受けたこともあるのだと明かした。13歳のイモトさんは第3期オーディションに応募したが、書類審査さえ通らなかった。家族には内緒で受けていたことが判明して、この告白に家族は、あ然とした様子。父親は「行動力はあると思いますが……」と言うのみだ。2009年7月31日のブログでは、「モー娘。」オーディション落選のことで、「あーなんでオーディション落ちたんだだろうか?」とくやしがってもいる。

   ちなみに、このオーディションには1万を越える応募があった。磯山さやかさん、南海キャンディーズ「しずちゃん」も応募したが落選したとされる。この時合格したのは、後藤真希さんただ一人だった。プロデューサーのつんく♂さんは当時、後藤さんを「10年に1人の逸材」と推した。モー娘。を卒業した今も、ソロ活動を続けている。

   いずれにしろ、それほどまでに歌って踊れるエンターテイナーを望むイモトさん。今後、音楽活動に踏み出す可能性はあるのだろうか。個人のブログなどでは「アムロになりたいってのもネタじゃなくて本心っぽい」「目標のうたって踊れる歌手になれるといいね。応援してますよう!」「歌手になってほしいですね」という書き込みもあった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中