松井代理人の緊急声明掲載 「ハフィントン・ポスト」って何だ?

印刷

   ヤンキースとの4年契約が終了し先頃FA申請した松井秀喜選手 (35)の代理人のアーン・テレム氏が、松井選手のヤンキース去就の緊急声明の場所に選んだのはアメリカのニュースサイト「Huffington Post」(ハフィントン・ポスト)だった。

   声明の内容は「彼は打者として優秀なだけでなく、ジャパンマネーも持ってくる」と強烈にメジャー全30球団に売りこむ内容だが、この「ハフィントン・ポスト」、今や大手新聞のサイトを追い抜く程に成長したサイトで、著名人が自ら発言、発表の場にすることが増えている。

ユニークユーザー数は600万人以上

   テレム氏が2009年11月11日付けで綴ったのは「Hideki Matsui: An Ageless Talent」と題された声明。松井選手は35歳という年齢が問題だという論評もあるが、ワールドシリーズでMVPを取った実績でもわかるように、老いを全く感じさせず、これからも活躍できる唯一無二のスーパースターだ、と主張している。

   しかも、トヨタ、ソニー、読売新聞など、日系企業6社が広告を出し、毎年1億円以上の収入が球団に入っている。NHKは年間平均120試合のヤンキース戦を放送するなど「付加価値」が高い選手でもある、と「お買い得」を強調。「ヤンキースを世界的なブランドとして確立する役割を演じた」驚くべき才能を持つ松井は、どこの球団に行ってもこれまでのように役立ち、利益を出すことができる存在だ、とした。

   テレム氏が緊急声明を出す場所として選んだのがニュースサイト「ハフィントン・ポスト」。日本ではあまり知られていないサイトだが、アメリカで今や既存の新聞社サイトを閲覧数で追い抜く影響力のあるサイトに育っているのだという。現在のユニークユーザー数は600万人以上という。

新聞社サイトを上回る影響力を持つ

   このサイトは、アリアナ・ハフィントンさんが05年に創設。「政治ブログ」として政界の著名人を集めてスタートした。ギリシャ出身でイギリスからアメリカに渡り、結婚と離婚を繰り返す。夫は石油会社の御曹司だったり、共和党保守派の夫だったりした。03年には途中で断念するものの、カリフォルニア州知事選に出馬、といった華々しい経歴を持ち、「セレブ」といっておかしくない存在だ。

   そうした経歴を生かし「政治ブログ」を中心とした「ハフィントン・ポスト」を立ち上げる。その後、経済や生活、ゴシップとテーマを拡大。いつの間にか新聞社サイトを上回る影響力を持つようになった。

   当初から「ブログニュース」という性格を持っていたため、アクセスが伸びるにつれ有名人が同サイトを発表の場に使うようになった。ウソを書かれても説明しようがなかった有名人にとって、自分の考えを表明する有力な場ができた形だ。そうした発言が従来メディアに引用されるようになり、寄稿が増えていった。また、08年末にはベンチャーキャピタルから2500万ドルの運営資金を得たことでも話題になった。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中