陛下にオバマ「90度おじぎ」 日本への気遣い戦略なのか

印刷

   オバマ米大統領が天皇陛下に90度のおじぎをしたことが、話題になっている。米メディアからは「低姿勢過ぎる」と批判を浴びているものの、日本では、「礼儀正しい」と好意的な声が多い。90度おじぎは、オバマの戦略との見方も出ている。

   あの長身のオバマ大統領が、天皇陛下よりも頭を下げている! ユーチューブなどに出回っている動画のおじぎシーンは、日米のネットユーザーに衝撃を与えている。

チェイニー副大統領は、握手で済ませた

ロサンゼルス・タイムズ紙のサイト記事
ロサンゼルス・タイムズ紙のサイト記事

   初来日のオバマ大統領が、天皇・皇后両陛下に面会したのは初めてだった。皇居に2009年11月14日招かれた大統領は、車から降りると、玄関でお出迎えになった両陛下に歩み寄った。そして、天皇陛下が手をお差し伸べになると、握手しながら、いきなり90度まで腰を折ったのだ。

   その間、1秒弱。視線は、通常の握手とは違い、下に向いたままだった。陛下は、握手を予想していたのか、頭をお下げにはならずに、笑顔を向けられた。そして、オバマ大統領は、おじぎが終わると、今度は、皇后陛下にも握手しながら軽くおじぎをした。驚くべきことに、さらに、大統領は、両陛下に対し、5度も軽くおじぎを繰り返したのだ。

   ネット上では、こうした大統領のあいさつに対し、日本のユーザーから称賛の声が相次いでいる。2ちゃんねるでは、「つぎの首相はオバマさんでいいよな!」といった声も上がっているほどだ。

   ところが、アメリカ国内では、対照的に、メディアなどから厳しい指摘が出ている。

   ロサンゼルス・タイムズ紙は、現地時間11月14日付記事で、07年2月に当時のチェイニー副大統領が、天皇陛下におじきをせず握手で済ませた写真も掲載して比較した。そして、昭和天皇の時代に真珠湾攻撃があったことを指摘し、「大統領の行為に眉をひそめるアメリカ人もいるだろう」と揶揄した。サイト記事のコメント欄には、2000件ほどの書き込みが寄せられ、波紋を呼んでいる。

「日米関係と批判とをてんびんにかけた」

   また、共同通信の2009年11月16日付サイト記事によると、保守系のフォックス・テレビは、外国の要人に頭を下げるのは、「米国の大統領として不適切」と批判した。米政府高官は、外交儀礼のおじぎを政治問題化するのは的外れと反論しているというが、米メディアは、オバマ大統領の90度おじぎについて、「低姿勢過ぎる」と批判を強めているようだ。

   異文化コミュニケーションに詳しいランゲージサービス会社「エム・アンド・パートナーズ インターナショナル」代表の桃原則子氏は、大統領のおじきは戦略的なものだったのではないかとみる。

「普天間基地の移転問題で日米関係が悪くなり、大統領の滞在も日本より中国の方が長く『ジャパン・ナッシング』などと呼ばれたりしています。アメリカが日本から離れていくのではと考える日本人に対し、オバマさんは、『そうではないよ』というメッセージを伝えたかったのだと思います」

   桃原氏は、大統領が日本に特別深い理解があるわけではないとして、レクチャーした人物がいるのではないかとみる。それは、90度おじぎが日本では「最敬礼」に当たるということを知っている人物だ。

   オバマ大統領は、09年4月も、サウジアラビアのアブドラ国王におじぎをしたとして、批判されている。それなのに、なぜまた天皇陛下に対しても行ったのか。

「オバマさんが、日米関係と批判とをてんびんにかけたということでしょう。批判されるのは分かっていながらも、リスクを背負っても日米関係の利益を取ったというわけです。鳩山首相へのおじぎなら低姿勢になるかもしれませんが、天皇陛下になら低姿勢ということではありません。王室の伝統のないアメリカ人にとっては、天皇は特別の存在になるからです。オバマさんなりに合理的に考えて、日本への気遣いを示したということだと思います」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中