ドラマの主役が着た服販売 関西テレビ新商売に論議

印刷
公式ホームページが通販サイトの入り口に
公式ホームページが通販サイトの入り口に

   ドラマで主役が着た服などを、番組ホームページを通じて売る関西テレビの試みが、論議を呼んでいる。テレビ不況から生まれた苦肉の策とはいえ、公共の電波を使って広告と境界があいまいな放送を流していいのかということだ。

「つまらない服を着ていると、つまらない人生になるわよ」

   フジテレビ系で2009年10月13日から放送中の関西テレビ制作「リアル・クローズ」で、女優の黒木瞳さん(49)演じるデパートのカリスマ部長、神保美姫がつぶやくフレーズだ。

タレントの香里奈さん、服などをPR

   この連続ドラマは、タレントの香里奈さん(25)扮するデパート勤務の主人公、天野絹恵が、婦人服売り場の担当になってファッションに目覚め、仕事にも活躍していく姿を描く。視聴者は、香里奈さんらが身につけている服やアクセサリーなどを、番組ホームページにリンクされた通販サイトを通じて、放送とリアルタイムで購入することができる。

「すてきなお知らせです。ドラマの中で私たちが着ている服がゲットできちゃいます!」

   放送では、番組の最後に、香里奈さんがドラマの視聴者にこうアピールした。

   関西テレビの企業広報部によると、この仕組みを、ホームページにリンクを張っていることから「オンエア・リンク」と呼んでいる。ドラマに導入した理由について、同部では、「衣装などの問い合わせが多いので、視聴者サービスの一環として始めました。また、番組の宣伝も兼ねています」と説明する。

   もっとも、大幅な広告減収の影響についても、「収入は意識の中にはあります」と認めている。オンエア・リンクの導入は、今のところこの番組だけで、他のテレビ局の導入の動きについては聞いていないという。

「作品をしっかり作ってほしい」

   「リアル・クローズ」の服などを売る通販サイトでは、9社14ブランドを扱っている。関西テレビによると、商品1点の平均販売額は、数千円。高いものでは、2、3万円のもある。初回放送では、ドラマのホームページにアクセスが集中してサーバがダウンした。子会社の関西テレビハッズが商品を販売しており、初回からの計3話で、2400点ほどが売れた。

   ただ、回を追うごとに、商品の売り上げは落ちてきているという。

   番組については、公共の電波を使っていながら、ドラマと広告との境界があいまいだとの批判がある。朝日新聞が2009年10月11日にこの問題を取り上げたのをきっかけに、関西テレビは、第三者が番組を評価する社内の「オンブズ・カンテレ委員会」で議論してもらっている。

   同16日に開かれた委員会では、「新たな試みを行うのは大切」と理解する向きもあった。が、「作品をしっかり作ってほしい」「販売する製品についての品質管理などもしっかりやっていかなければならない」といった厳しい意見も出た。

   関西テレビの企業広報部では、「ドラマでの試みは、最終回まで続けます。商品の苦情などの問い合わせには、子会社が対応しています。様々なリスクを考慮に入れ、オンエア・リンクに問題点があるのかないのか、今後結論を出していきたい」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中