明治乳業と世界2位乳製品メーカーが提携 チューブタイプの「食べる」ヨーグルト登場

印刷

   いつでも手軽に食べられるチューブタイプのヨーグルトが2010年3月、日本にお目見えする。フランスの乳製品メーカーと明治乳業が業務提携を結び、製品化したものだ。記者会見で明治乳業の浅野茂太郎社長は「ヨーグルトに、Joy&Fun(喜びと楽しさ)を取り入れた、まったく新しい提案だ」と説明した。

   スプーンなしでチューチューと食べるスティックタイプのヨーグルト「グルト!」は、世界で70を超える国と地域で事業を展開する世界第2位のフランス乳製品メーカー、ヨープレイ(Yoplait)グループと明治乳業が業務提携を結び、生まれた。日本市場で共通ブランド「meiji Yoplait」を展開、その第1弾商品のひとつだ。ヨープレイは「おいしさと楽しさ」をコンセプトにしている。

「おいしさ」「たのしさ」を訴える商品

新ブランド「meiji Yoplait」を発表する浅野社長(左)とルシアン・ファCEO
新ブランド「meiji Yoplait」を発表する浅野社長(左)とルシアン・ファCEO

   2009年11月18日、明治乳業はヨープレイ社との業務提携を発表。これまで明治乳業が扱ってきたヨーグルトの「伝統」や「正統」を追求した「明治ブルガリアヨーグルト」と、健康のための機能性食品としての「明治プロビオヨーグルトLG21」ブランドに対し、ヨープレイ社との新ブランドでは「おいしさ」「たのしさ」を訴え、「第3の柱」に育てていく考えだ。

   同日開かれた記者会見で、明治乳業の浅野社長は「食のおいしさや安心、健康に加えて、『楽しさ』に着目。このカテゴリーを提案し充実することで、ヨーグルトの新しい価値をつくる」と話した。

   チューブタイプの「グルト!」には、ストロベリーとピーチの味があり、6本入り。明治乳業は「子どもに食べてもらいたい」というが、そのまま食べられる手軽さから、ビジネスパーソンの残業時や学生の部活帰りや塾に行く前や、主婦が家事の合い間に食べる、といったことも考えられそうだ。外出先へも持ち歩けるように2本入りも用意する。

新ブランドの販売目標は70億円

外出先でも手軽に楽しく食べる「グルト!」
外出先でも手軽に楽しく食べる「グルト!」

   提携先のヨープレイ社は、チューブタイプやキッズタイプ、フルーツヨーグルトのジャンルで世界トップクラスのシェアをもつ。なかでも、チューブタイプは米国や英国、オーストラリアで、子どもを中心に大人気だ。

   ヨープレイ社のルシアン・ファCEOは、「日本のヨーグルト市場を知り尽くしている明治乳業と、世界第2位のヨープレイが組むことで、いろいろな革新性のあるアイデアを日本で展開できる」と語った。

   今回の「meiji Yoplait」ブランドから、他にもカップタイプの「ぞっこんヨーグルト」を発売するが、これは3種類ありすべてフルーツヨーグルトになっている。「グルト!」と「ぞっこんヨーグルト」合計の2010年度販売目標は70億円。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中