南ア戦サポーターが強盗被害 W杯観戦は大丈夫なのか

印刷

   サッカーW杯が2010年6月に開催される南アフリカで、日本との親善試合を観戦したサポーターが強盗に遭ったと分かり、話題になっている。観光客としての常識がなかったとの指摘もあるが、南アは、世界で最も治安が悪い国の一つだ。本番は、大丈夫なのか。

   日本サッカー協会の広報部が2009年11月19日、取材に対し、明らかにしたところでは、14日の南ア戦を観戦した日本人サポーターが、親善試合の開催地とは違うヨハネスブルグを翌日訪れ、強盗に襲われた。

「首絞め強盗」と呼ばれる手口でデジカメや現金を

「十分注意」地域はわずかだが…
「十分注意」地域はわずかだが…

   広報部によると、このサポーターは、現地の男に「観光名所に連れていってあげる」と話しかけられ、そのままついていった。ところが、仲間とみられる別の男に羽交い締めにされ、デジカメや現金を盗まれたというのだ。

   スポーツニッポンが18日に協会関係者の話として報じると、ネット上ですぐ話題に。2ちゃんねるのまとめブログ最大手「痛いニュース」にも取り上げられた。書き込みには、男についていったことに対する疑問のほか、やはり怖いという声も寄せられている。

   この手の犯罪は、南アで多発しているのか。

   外務省の海外邦人安全課によると、これは「首絞め強盗」と呼ばれる手口だという。同省の海外安全ホームページでは、ヨハネスブルグなどで日本人の旅行者がこの手口で襲われる事件が頻発しているとして、「十分注意してください」と呼びかけている。

   よく発生するのは、中央駅や長距離バスターミナルの付近。複数で襲い、突然背後から首を絞めて所持品を奪うのだという。白昼、人通りが多い所でも発生している。外務省では、バスなどの利用もなるべく避け、利用するときでも、ホテルなどの出迎えを頼むよう勧めている。

大使館関係者「どこの国の観光名所でもあること」

   南アフリカは、世界でも有数の治安が悪い国だと言われている。

   産経新聞の2009年9月24日付記事などによると、同国の犯罪統計の数字として、08年度に殺人事件が1日に約50件のペースで、年間2万件近く発生している。強盗は、年12万件だ。レイプも、7万件もある。移民流入や銃器のまん延などから凶悪犯罪は年々増えており、実態は倍以上とのうわさもある。

   南アの民間調査では、男性の4人に1人が女性をレイプした経験があると答えた、という報道もあったほどだ。

   外務省ホームページを見ても、「首絞め強盗」を始め、日本ではほとんど聞かないような犯罪も多い。「ニセ警官」「カージャック」「尾行強盗」…。在留日本人らの被害も多いといい、09年は5月までに、強盗など19件もの被害が報告されている。

   11月14日の南ア戦でも、治安悪化を反映してか、5台前後のパトカーがサイレンを鳴らしながら選手のバスを護衛する事態になっている。

   とすると、半年後のW杯では、こうした危険を覚悟しなければならないのか。

   在日南アフリカ共和国大使館の関係者は、心配するほど危険ではないと強調する。

「昨年は、日本人ツアー客の被害はゼロという統計があります。強盗などの被害は、南アに限ったことではなく、どこの国の観光名所でもあることです。観光客として常識を持って行動すれば、まったく危険はありません。常識とは、タクシーに乗る時はホテルで手配する、などです。W杯では、厳重な警備で安全過ぎるぐらいになりますし、最低限の注意事項を守れば大丈夫だと思います」

そうすると、強盗被害に遭ったサポーターは、常識に欠けていた面があることになる。

   とはいえ、この関係者も、町々の隅々まで治安を行き渡らせることは難しいと認めた。ツアーでなく個人旅行などで、観光コースを外れるときは、危険な目も覚悟しなければならないようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中