景気持ち直し「当面緩やかに」日銀の金融経済月報

印刷

   日本銀行は景気の先行きについて、「持ち直しを続けるが、当面そのペースは緩やかなものにとどまる」との認識を、2009年11月の金融経済月報で示した。 景気の現状判断を「持ち直しつつある」から「持ち直している」に上方修正したが、全体的には「国内民間需要の自立的回復力はなお弱いものの、内外における各種対策の効果などから持ち直している」とした。生産や輸出は増加傾向にあるが、設備投資は収益の低迷や設備の過剰感も強く当面は横ばいとみている。個人消費はエコポイント制度などの経済対策で耐久消費財を中心に持ち直しが続くとした。

   物価の先行きは、国内企業物価が国際商品市況の強含みで押し上げに働くものの、製品需給の緩和の影響が続き、当面は弱含みで推移するとみている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中