高橋洋一の民主党ウォッチ
事業仕分けの限界 埋蔵金まだまだある

印刷

   最近のテレビ・新聞では事業仕分けがしばしば報道されており、第1にこれを取り上げたい。

   財務省の主導であるとか、素人が評価しているというコメントがあるが、まったく的外れだ。前回書いたが、国会法等の改正を当初の首班指名国会か今臨時国会に提出しなかった段階で、国会議員の仕分け人は何の権限もなく意見をいうだけの人だ。国家行政組織法等で権限のある財務省の走狗になるのは法的にはわかりきっている。それに、事業仕分けは素人というか国民目線で見直すものだから、何の問題もない。この意味で、今回の事業仕分けは公開性もあり概ね評価できると思う。

12兆円の基金生かせ

   むしろ、事業仕分けの限界を認識すべきだ。予算には、事業系と制度モノという2種類がある。事業系予算は、誰にもわかりやすいので、事業仕分けに適切だ。むしろ、こうした事業系予算は地方政府でやるべきものが多く、国がこんな事業までやっているのかと驚くばかりだ。

   しかし、今回の事業仕分けで、地方交付税が取り上げられたが、議論は生煮えだった。これは制度モノの代表例で、制度モノは話が抽象的で事業仕分けには不向きなので、国家戦略局でじっくり専門家が議論すべきだった。例えば、地デジ推進予算308億円は半減と事業仕分けされたが、これを制度モノとしてみると、地デジで空いた周波数帯を売り(オークション)に出せば、1兆円以上の収入になって、新ビジネスも創設できる。しかも、この制度改革は民主党が公約していたので、実現可能のはずだ。

   次に、雇用保険の見直しで厚労省は2681億円の概算要求をしている。これは仕分け対象ではないが、雇用保険を保険としてきちんと計算すれば、これまで保険料が高すぎたために、私の計算では4兆円程度の埋蔵金がある。これが厚労省の天下り団体資金になっているのだが、こうした制度を専門家が見直せば、2681億円の要求は不要である。さらに、事業仕分け会場の印刷局市ヶ谷センターは、これも仕分け対象ではない。この施設は既に2年前に売却方針が決まっている。印刷局は、大手町や虎ノ門等の一等地にも遊休資産を抱えている。政府方針が決まっても、まだ検討中とかでなかなか動かない。それらは2000億円以上になるが、独法通則法などが不備なので、全額国庫納付できない状態だ。こうした制度をすぐ直すべきだ。最後に、現時点で、来2010年度予算総額が92兆円、税収見通しが37兆円といわれ、このままでは国債発行額が55兆円にもなると言われている。ところが、国債整理基金特別会計には昨年度末で12兆円の基金がある!

   諸外国ではこうした基金は存在しないので、これを使えば、国債発行額は43兆円になる。さらに、特別会計の埋蔵金や余剰金をかき集めれば、4兆円くらいはなんとかできる。となると、来年度の国債発行額は40兆円を切ることができる。

   いずれにしても、事業仕分けはそれでいいが、筆者としてはこうした制度モノに焦点をあてていきたい。

日銀への「待った」怠った

   第2に政府のデフレ宣言。11月20日、月例経済報告の中で3年5か月ぶりに「デフレ」認識を公式に示した。デフレは物価の下落というが、実は所得が低下する。

   この原因は、足下のGDPギャップが40兆円程度、GDP比8%程度で先進国中最悪の部類であることだ。これを放置して、高い失業率と物価の下落を数年間我慢するか、財政政策と金融政策によってこのギャップを埋め成長経路への回復を急ぐかのふたつのオプションがある。政府がデフレ宣言したのだから、ギャップを埋めてデフレ克服するため、後者が選択されるとみるのが自然であろう。

   ところが、先に財政事情を説明したが、何とかやりくりはできるものの、大型補正予算を組むだけの余力はない。となると、金融政策への期待がかかる。ところが、日銀は10月30日、社債などの買い取りを年末で打ち切る方針を決めるなど、政府のデフレ宣言とは真逆の方向に走っており、政府との足並みはそろっていない。今になってこうしたデフレ宣言をするなら、政府は日銀に待ったをかけるべきであったが、それを怠った。今の白川方明日銀総裁を選任したのは、実質的には民主党である。そのため、日銀に対し民主党はきわめて甘い。この意味で、金融政策によってギャップを埋めることもできそうにない。ということは、デフレ宣言しても、ギャップを埋めずに、高い失業率と物価の下落が放置される可能性がある。

   ちなみに、日本のデフレは世界から見ても異常だ。11月19日に公表された経済協力開発機構(OECD)の経済見通しで、加盟30か国中、09年の物価上昇率がマイナスなのは、日本を含め8か国あるが、2年続けてマイナスは、日本とアイルランドだけだ。実は日本は3年連続マイナスで、これは唯一の国だ。

   民主党の経済運営は手詰まりになるかもしれない。


++ 高橋洋一プロフィール
高橋洋一(たかはし よういち) 元内閣参事官、現「政策工房」会長
1955年生まれ。80年に大蔵省に入省、2006年からは内閣参事官も務めた。07年、いわゆる「埋蔵金」を指摘し注目された。08年に退官。著書に「さらば財務省!」、「日本は財政危機ではない!」、「恐慌は日本の大チャンス」(いずれも講談社)など。


インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中