うまい「チャーハン」どれだ? 採点書き込む口コミサイト

印刷

   チャーハンがおいしいと評判の店はどこか――。チャーハンに特化したクチコミ情報をまとめたサイトが登場した。ありそうでなかっただけに、ネット上では「このサイトを待っていた」という声もある。

   そのサイトは「チャーハンデータベース」という名称で2009年10月20日にオープンした。全国から寄せられるチャーハン情報が写真、採点、感想とともに書き込まれている。

「旨いチャーハンの店って確かに興味がある」

チャーハンがおいしいと評判の店はどこか
チャーハンがおいしいと評判の店はどこか

   たとえば、最初に書き込まれたのは、東京新宿にある「龍朋」のチャーハンだ。最初の書き込みとあってか、評価は100点満点中70点とまずまずだが、山盛りでボリュームたっぷりという。チャーハンならではの「パラパラ感」も程よく、具のチャーシューが大きいと紹介されていた。

   チャーハンと一口にいってもいろいろで、書き込まれた中には、石焼きチャーハン、あんかけチャーハン、スープ入りチャーハンなどもあった。中でも、100点の評価を得ていたのは、東京練馬区にある中華料理屋「梁山泊」の肉あんかけチャーハンだ。料理の美味しさもさることながら、掃除が行き届き、従業員がハキハキしていて気持ちがよいなど、サービス面が評価されているらしい。

   書き込みは11月28日現在、100件を越えている。中華料理屋のチャーハンだけでなく、ラーメン屋や居酒屋のチャーハンについても書き込みがある。サイトにはほかに、店舗の地図を示す「チャーハンマップ」や「ランキング」の機能もある。

   なお、このサイトは「はてなブックマーク」では260件以上がブックマークされており、注目を集めつつある。書き込みには「オレはこのサイトを待っていた」「チャーハンが主食な俺にぴったり!」「旨いチャーハンの店って確かに興味がある」などとあり、評判を呼んでいる。

「ラーメン・カレー」データベースも運営

   サイトを運営するweb制作会社「スープレックス」(東京・目黒)では、「ラーメンデータベース」「カレーデータベース」も運営している。2つのサイトもチャーハン同様に、味の評価が書き込まれている。2003年にはじまった「ラーメン」は19万件以上、2007年にオープンした「カレー」には3000件が書き込まれている。代表の田中麻利夫さんによると、チャーハンデータベースの開設は「ラーメンと一緒に頼むギョーザやチャーハンについてもできないだろうか」と企画したことがきっかけだ。

   3サイト内で評価の書き込みができる「会員」の数は現在、およそ6万人。30~40代男性の利用者が多い。田中さんは、「チャーハンは種類も多いから面白いと思いました。しかも、ラーメンには関連書籍が多くありますが、チャーハンはそれに比べれば少ない。そう考えると意外と需要がありそうです。PVはまだはじまったばかりで把握できていませんが、書き込み数とともに今後、増えていくと思います」と自信をのぞかせている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中