亀田興毅「人間的に成長した」  風向き変わりネットでも評価

印刷

   プロボクサーの亀田興毅選手(23)が2009年11月29日、WBCフライ級チャンピオンの内藤大助選手(35)を破り、2階級制覇を成し遂げた。興毅選手と言えばこれまで「亀田一家」の長男として、ネットで散々叩かれていたが、今回の勝利でそれも変わり、「人間的に成長した」といった書き込みが相次いでいる。

   興毅選手は29日夜、さいたまスーパーアリーナで開かれたWBCフライ級タイトルマッチで、6度目の防衛を目指す内藤選手を3―0の判定勝ちで下した。興毅選手は、前に出て得意のフックを出そうとする内藤選手から距離をとり、カウンターで対応。経験で勝る内藤選手に冷静に立ち向かい、着実にポイントを重ねたのが勝利に繋がった。

亀田一家は完全な「悪役」だった

   今回の試合はTBSで生中継され、平均視聴率は43.1%(ビデオリサーチ社調べ 関東地区)と、歴代ボクシング中継の中でもトップクラスの数字を記録。「因縁の対決」に世間が注目した。

   内藤選手と亀田一家は07年10月に次男、大毅選手とタイトルをかけて初対戦。試合前には、大毅選手が内藤選手を「ゴキブリ覚悟しとけ!」と挑発し、父・史郎氏も「内藤はゴキブリの親玉」と罵倒した。

   さらに試合終盤には、大毅選手が内藤選手を投げ飛ばし、減点される場面もあり、亀田一家は完全な「悪役」になってしまった。29日の対戦の際も、ネットで「内藤頑張れ! 亀田マジ氏ね」「内藤の健闘を期待」と内藤選手を応援する書き込みが相次いでいた。

   しかし、今回試合を終えたことで、その風向きも変わりつつある。亀田一家を最も叩いていた2ちゃんねるでさえも、

「実際経験者の俺から見ても亀田の圧勝だった」
「試合内容はともかく今回は普通に亀田の勝利だろ…
素人目に見ても後半は両者のフットワークに差が出てるし」

と、素直に興毅選手の勝利を認める書き込みが多い。「【内藤信者】亀田の勝利を祝おう!【涙目】」というスレッドも登場するほどだ。

横柄な言葉遣いではなく、丁寧語で話していた

   また、試合後のインタビューでは興毅選手が「もっともっと努力して頑張っていきますので、皆さん応援よろしくお願いします。それと内藤選手、ありがとうございました」と、普段の横柄な言葉遣いではなく、丁寧語で話していたことから、

「人間的に成長しようとしてるのが分かるし、そろそろ世間も許してやれよ(笑)」
「亀1(興毅)は表情や立ち振る舞いが大人になったな 自分が同じ年齢だった時を考えたら何も言えねーよw」
「亀田ですら成長してるというのにお前らと来たら」

という書き込みが多数寄せられている。

   一方、内藤選手に対しては

「亀田は強かった、それで十分。 内藤も健闘したけど年齢には勝てない」
「内藤選手お疲れさま 鼻が早く治りますように」

といった書き込みが多いようだ。35歳でボクサーとしてのピークを過ぎていたにも関わらず、10歳以上年下の興毅選手相手に健闘したと讃えている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中