ファッション系ECサイトに続々参入 「試着」できる機能も登場

印刷

   広告収入が激減している女性誌や、百貨店が続々ファッション系ECサイトに新規参入を始めた。一方、既存サイトでは新しい試みが進んでいる。

    女性誌「エルジャポン(ELLE JAPON)」(アシェット婦人画報社)の通販サイト「エル ショップ(ELLE SHOP)」は2009年9月28日にオープンした。ラグジュアリーなど国内外100ブランドのウエア、シューズ、バッグ、アクセサリー、ランジェリー、ホームグッズを販売する。ほかにも女性誌では「MORE」「non-no」「LEE」(集英社)や「JJ」(光文社)などがECサイトを展開している。

ECサイトとムックのコラボ

ECサイト初のムック「ゾゾムック」(レディース)
ECサイト初のムック「ゾゾムック」(レディース)

   客足が伸び悩む百貨店もECサイトを拡大する傾向にある。伊勢丹は男性用品を扱う「イセタンメンズオンラインショップ(ISETAN MENS ONLINE SHOP)」を09年9月にオープンした。同店はこれまでもウエブサイトでレディースファッションやコスメ、食品を販売している。

   新規参入が相次ぐなか、ファッション系のECサイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」は新しい顧客を開拓するため、ECサイトでは初めての試みをしている。

   「ゾゾタウン」で販売している人気ブランドの秋冬商品を紹介する「ゾゾムック(ZOZOMOOK)」が09年11月26日にお目見えした。

   宝島社が発売するもので、メンズ版とレディース版の2冊があり、メンズ版は俳優の浅野忠信さん、レディース版はモデルの土屋アンナさんが表紙を飾る。誌面ではデザイナーのインタビューなども盛り込まれ、「読み物」としても楽しめる構成だ。それぞれ5つのブランドのポーチがついて、価格は各1300円。

   サイトを運営するスタートトゥデイの広報担当者は、

「ムックは書店などで扱ってもらえるので、ゾゾタウンを使ったことのない人にもサイトを知ってもらう機会になると考えました」

といっている。

お店で買い物する感覚に近くなった

   ゾゾタウンでは、「ユナイテッドアローズ」「ビームス」「シップス」「ジャーナルスタンダード」といった若者に人気のショップの洋服や小物を販売している。取り扱っているブランド数は950以上にのぼる。

   09年10月時点で会員は157万6191人で、不況下でも毎月3500~5000人単位で増え続けている。男女比率は半々で、平均年齢は27.9歳。1回の出荷平均額は1万3000~1万4000円だ。最近は商品の取扱数も増えていて、前月比30~50%増(販売価格ベース)となっている。広報担当者は、

「ブランド様もECサイトを強化されているようです。そんな流れもあって商品を入れてもらいやすくなっているんです」

と話している。

   カタログ、ネット通販を展開する千趣会も新しい試みを始めた。ECサイト「ベルメゾンネット」内で展開している「エディテ」で、商品をコーディネートすることができる「仮想試着室」を09年10月23日に立ち上げた。最新と定番をあわせた約200アイテムが試着の対象だ。

   広報担当者は、

「ブランドごとにコーディネートできるサイトは他社にもありますが、当社のサービスでは異なるブランドを横断的に試着できる点が初めての試みで、お店で買い物する感覚に近くなったと思います」

といっている。

   同社は「ベルメゾンネット」内で、新しいEC機能を実験する「ベルメゾン・ラボ」も展開している。デジタルカタログに「イチオシ」「イマイチ」といったシールを貼る感覚でコメントできる機能や、動くデジタルカタログなどを「実験中」だ。アンケートを募集し、好評だったら実際のサイトで導入する。「ちょっとやってみよう」と楽しく買い物できる機能の開発に力を入れていく、と担当者は話していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中