「海に投げられた」加護ケータイ 無事戻ってきたチョー「不思議」

印刷

   タレントの加護亜依さん(21)の携帯電話がネット上で、ちょっとした話題になっている。海に投げられたはずの携帯電話がデータも無事で見つかったというのだ。いったいどうなっているのか。

   加護さんの「携帯電話」騒動は2009年10月9日に書き込んだブログ記事が発端だ。彼女は09年9月29日から仕事で10日ばかり日本を離れ、アメリカ・ロサンゼルスを訪れていた。その帰国後、「majiで凹むよ5秒前。。」と題した記事を掲載した。

仕事用の携帯電話が海に投げられた?

   それによると、加護さんこの日、仕事用の携帯電話がないことに気付いたという。どうやら帰国後に乗り込んだタクシーの中で落としてきたらしい。受けとった領収書をたよりにタクシー会社に連絡を入れ、携帯ショップでもGPS機能をもとに探してもらったそうだ。が、店では「茨城県の砂浜か海にある」と言われてしまった。「うそでしょ!?」。その後は、こんなやりとりがあった。

「で、タクシーの人から連絡来て聞いたら『もう逢わないと思ってこのまま持ってる訳にもいかないですし、海に投げてしまいました。』って」

   加護さんは「ちょちょちょっと~~~~~~!!」「いくらなんぼでも海に投げないでよ~~~!!」と悲鳴を。携帯電話の中にあったもろもろのデータは、水の泡となってしまったわけだ。だが、自分のせいといえば自分のせいなので、「こんな私を誰か癒してください」「完全に凹んだを通り越してます」と肩を落とした様子を書き込んでもいた。なお、翌日の記事では携帯電話を新しくしたことを報告していた。

「携帯電話が見つかったのは事実」

   この話は「Yahoo!ニュース」でも取り上げられ、記事には3000件を越えるコメントも寄せられた。書き込みには「ひでぇタクシー会社&運転手だな!」「ひどいことする運転手だな」と加護さんへの同情を集めたが、「ちょっと面白いけど、普通は忘れ物として一定期間は管理するだろ」「何か作り話っぽい感じもする」「下手なジョークか?」「ネタでしょう?」などと勘繰る人もいたようだ。

   一方、加護さんは2009年12月3日、携帯電話会社のイメージキャラクターとして記者会見に登場し、その中では紛失したはずの携帯電話が戻ってきた旨を話した。見つかったのは群馬県か栃木県で、データも無事だったという。

   もっとも、上記のように海に投げられてしまったエピソードが知られているだけに、ネット掲示板などでは「栃木か群馬にあったと加護はどうやって知ったのか?」「投げ捨てたと言ってた運転手から何らかの謝罪はあったのか?」などとさらなる疑問も語られている。いったいどういうことなのか。加護さんの所属事務所はJ-CASTニュースに対し、「(携帯電話が)見つかったのは事実」とだけ話しており、真相は藪の中だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中