「ダウンタウンDX」演出 批判殺到で放送作家ブログ炎上

印刷

   読売テレビのトーク番組「ダウンタウンDX」の演出が気に入らないという理由で、番組放送作家、長谷川朝二さんのブログのコメント欄に批判が殺到して「炎上」した。このため、コメント欄は閉鎖された。番組に対する批判が、放送作家個人に向けられるのは珍しい。

   長谷川さんのブログのコメント欄に批判が書き込まれたのは2009年12月3日放送の「ダウンタウンDX」終了後から。番組では、出演者がトークしている最中に、スロットマシンの画面のようなものが回転し、トークの「落ち」の部分で絵柄が揃ってフィーバー表示となる。この演出がいただけない、という批判だ。

「落ち」が出るまでスロットは回り続けている

   この日の放送にはゲストとして、勝俣州和さんらが登場、それぞれ体験した面白エピソードなどを披露した。そのトーク中に画面の左下でスロットが回転。トークしている人の顔写真が3枚揃うと「フィーバー」表示になる。最大の盛り上がりや、「落ち」はここだと示す、という仕掛けだ。

   勝俣さんは「東京ディズニーランド」で見た「困ったオバサン」達の話しを披露。

   「フィーバー」になった一つは、王子様と記念写真を撮ろうとしているオバサンが、ディズニーの「王子様」にいった一言。

   「なにじん?タイツで寒くないの?」

   お土産物売り場で、オバサンが「ミッキーマウス」のぬいぐるみを手に、店員に聞いた一言。

「この、メスないの?」

   これも「フィーバー」になった。

   こんな具合に「フィーバー」になるまでスロットは回り続けている。

「目がチカチカする」「出演者のトークが台なしです」

   こうした演出に対し、番組が終わると長谷川さんのブログのコメント欄に批判が殺到。

「視聴者をバカにしすぎ ここで笑えとか指示してるだけじゃん」
「スロットが流れると目がチカチカしてテレビ画面を見てられなくなるのでやめてほしいです」
「ダウンタウンDXの『確変』やめてください とても気が散ります 出演者のトークが台なしです」

などと書き込まれ、300近い苦情が殺到して「炎上」。放送翌日の午後1時頃にコメント欄は閉鎖された。

   長谷川さんは放送作家事務所「オフィスまあ」に所属する売れっ子で、お笑いコンビ・ダウンタウンの番組では「ダウンタウンDX」のほか、「ダウンタウンのごっつええ感じ」「人志松本のすべらない話」などを手がけ、松本さん監督の映画「大日本人」「しんぼる」にも関わっている。

   長谷川さんがこの番組の演出をすべて仕切っているとは思えないが、批判が集中したのは、「ダウンタウンDX」の番組ホームページに掲示板がないことや、長谷川さんが有名な放送作家ということが理由のようだが、作家個人に番組の批判が集中するのは珍しい。読売テレビに番組の批判が来ているのか聞いてみたが、同局宣伝部は、

「番組に対して寄せられた視聴者の意見については公表していません」

とだけ回答した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中