押尾元被告、再び逮捕へ 法廷証言はデタラメだった?

印刷

   俳優の押尾学元被告(31)が合成麻薬MDMAを使用し一緒にいた女性が死亡した事件で、警視庁は2009年12月4日、同被告がこの女性にMDMAを渡したとして麻薬取締法違反(譲渡)の疑いで逮捕状を取った。押尾元被告は「薬は女性からもらった」と法廷で証言していたが、逮捕事実どおりならば、証言はデタラメだったことになる。

   押尾元被告は8月3日に東京都港区のマンションでMDMAを使ったとして麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕・起訴され、懲役1年6月、執行猶予5年の有罪判決が確定している。今回新たに「譲渡」容疑で逮捕状が出たと、各紙が報じた。

法廷で「女性が薬をもってきた」と証言

   事件現場で使われたMDMAは、押尾元被告と女性のどちらが用意したものなのか。押尾元被告は「女性だ」と主張してきたが、警視庁が入手ルートを捜査したところ、同被告が入手して女性に渡した疑いが強まったという。

   産経新聞サイトに掲載された「法廷ライブ」には、10月23日の初公判での押尾元被告の証言が記録されている。「MDMAは自分で持ってきたのですか」という弁護人の質問に対して、押尾元被告は

「違います」

と回答。「誰が持ってきたのですか」と尋ねられると、

「相手の女性です」

と答えている。

裁判官「押尾被告の言動はおよそ信じがたい」

   法廷では、押尾元被告が送ったメールの文面も問題になった。同被告は女性に会う前に「来たらすぐいる?」というメールを送っている。この意味について検察官に問われると、押尾元被告は

「『僕自身を要るか』という意味で、『薬がいるか』ということを聞いたわけではありません」

と証言した。検察官は

「普通は、『いる』というのは、モノのことを言うんじゃないんですか」

と問い正したが、押尾元被告は

「人によってとらえ方は違うと思います」

と答え、MDMAは女性が用意したという主張を繰り返した。しかし、このような説明は不自然で、説得力に欠ける。裁判官も納得できなかったようで、11月2日の判決公判の 際、次のように述べた。

「MDMA使用がどのような経緯で行われたかという点の被告人の説明は、内容が不自然であり、自身が認めている犯行発覚までの経緯や発覚後の言動も、およそ信じがたい」
 裁判官がこのような見解を付け加えるのは異例のことといえるが、マンションでいったい何が起きたのか、押尾元被告の口から真相が語られることが期待される。
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中