2年後に離婚すると合計300億円 タイガーが結んだ驚愕「婚前契約」

印刷

   ゴルフ界のスーパースター、タイガー・ウッズ(33)の愛人報道はますます過熱しているが、タイガーがエリン夫人(29)と超高額の「婚前契約」(プレナップ)を結んでいたことがわかった。結婚7年で5500万ドル(約47億7500万円)、仮に2年後に離婚した場合、これに加え、離婚調停金3億ドル(約255億円)が支払われる、といった内容だ。

   婚前契約は日本では馴染みが薄いが、海外では一般的に行われている。専門家によると、結婚は夫と妻の契約であり、その担保は愛情で、「妻の担保(愛情)が無くなっても、好きな妻を手放さないためお金を積む」という契約でもあるそうなのだ。日本でもこの婚前契約、普及するのか。

がまんすればするほど、もらえるお金が増えていく

   タイガーが結婚したのは2004年。今回の愛人騒動は離婚の危機を招いたが、米国メディアによれば、結婚7年で夫人が5500万ドル(約47億7500万円)を受け取る同意が今回新たに盛り込まれたという。これで結婚は今後2年続くことになるのだという。5500万ドルは結婚を続けた「ご褒美」のようなもので、仮に2年後に離婚した場合、この金額に加え、離婚調停金3億ドル(約255億円)が支払われることになるそうだ。いわばがまんすればするほど、もらえるお金が増えていくという仕組みだ。こうした「ご褒美」や離婚調停金は婚前契約で決められているのだそうだ。

   この婚前契約、日本では馴染みが薄いが、アメリカなどでは一般的に行われている。特に財産を持っている人には必要不可欠で、離婚の際に揉めないように初めから取り分を決めておく、というものだ。

   婚前契約の専門家で行政書士の黒田清子さんによれば、日本でも婚前契約は明治時代からあった。入り婿した場合に結ばれることが多く、財産が婿側に流れないようにすることが目的だったそうだ。

   アメリカの場合、夫婦の財産は共有のもので離婚する場合は半々に分けられる。ただ、財産形成の貢献度が違うのに半々なのはおかしい、ということもあって、あらかじめ離婚後の財産分配の取り決めをすることになった。日本では財産は夫婦それぞれ本人のもので、共有ではないため、協議離婚の場合、妻が何の財産も受け取れない、というケースも起こっている。不服な場合は裁判に持ち込むしかない。

   黒田さんによれば、結婚3年、5年、10年ごとに妻に「ご褒美」を支払うことも、アメリカではよくある事なのだそうだ。妻とできるだけ長く結婚生活を送りたい、という気持ちの表れで、夫が妻を深く愛している場合や、離婚による様々な不具合が生じることを防ぐためだという。

妻に側にいてもらいたい夫はカネを積む

「結婚は契約。その担保は愛情なわけですが、妻に担保(愛情)が無くなったとしても、妻にずっと側にいてもらいたい夫はカネを積む、という構図です。『ご褒美』はまさにそれといえます」

   妻の方も、夫に割く時間の「対価」や、美貌の衰えなども考慮し、そうした分も保証してほしい、と考えるからだそうだ。

   婚前契約にはいろいろあるという。日本女性がイスラム圏の男性と結婚する際、相手は一夫多妻が認められているため、「結婚は私一人だけ。浮気もしない」と契約することもある。結婚相手に対し「浮気1回につき200万円」と決めた例もあったそうだ。

   黒田さんは日本の女性も婚前契約書を作るべきだと主張する。離婚の際に慰謝料すらもらえず、生活が困窮する例が後をたたないからだ。また、女性が男性に支払う契約もありうるわけで、例えば、女性が自立し稼ぎ、夫以上の財産を手に入れる事を前提に婚前契約をする。そんなケースもこれから出でてくるのでは、と期待している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中