就職難の公認会計士 金融庁が試験制度見直しへ

印刷

   就職難が続く公認会計士について、金融庁は2009年12月8日、試験制度の見直しに向けて検討することを明らかにした。大量合格と不況が原因としており、大塚耕平副大臣を座長に業界代表者や識者らで検討会を設置するという。

   検討会では、就職の環境づくりなどを議論し、2010年半ばまでに、法改正などの結論を出すとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中