東国原知事国政断念の真相 たけし忠告は水道橋博士のアイデア

印刷

   東国原英夫・宮崎県知事(52)が国政出馬を踏みとどまったのは、師匠の北野武さんの忠告があったと言われているが一体、どんなやりとりがあったのか。本人がテレビ番組で当時を語った。

   東国原知事が出演したのは地方テレビ局・東京MXテレビの時事対談「博士の異常な鼎談」(2009年12月10日放送)。司会者の「浅草キッド」水道橋博士さんと評論家の宮崎哲弥さんがゲストを迎え、政治や経済問題を話し合う番組だ。

「古賀さんは『やる』『自民党を説得する』と」

   番組では夏の総選挙の話になった。東国原知事が国政に行くと息巻いた当時を振り返り、本人は「今後、政治行政をしていく上で、大きな意味があった。試金石になった。今でも有意義だったと思っています」と総括した。一つには、自民党に分権をやってほしい、とお願いされたこともある。

   自民党からの出馬要請は1年前からオファーがあったといい、古賀誠選対委員長以外にも森喜朗氏、菅義偉氏、町村信孝氏らからも話がきたらしい。東国原知事はずっと、断わり続けてきたという。宮崎県知事を続けるつもりだったからだ。それが選挙前、古賀氏が自民党の体質を変えたいと真剣に話したことで一転した。

「どういう風に変えたいんですか。このままいったら絶対(選挙で)負ける。問題は負け方ですよ。次につながる負け方ですよ。どうしようか。地方分権でいきましょう。『政権交代』に対するキャッチコピーは『地方分権』だ。できますかと言ったところ、古賀さんは『やる』『自民党を説得する』とおっしゃったんです」

   地方分権に口説き落とされたらしい。東国原知事は自民党に相当な決断があると見て、総裁候補の条件を提示した。ただ、番組での説明によれば、決してすぐに総裁になるのではなくて、「総裁選に出られる環境を整えてくれと伝えました。つまり、推薦人の人数を調整してくれとか、国会議員ではいけないという党則を変えてもいいのでは、とか。それくらいやらないと自民党は生まれ変わったと国民に思われないのではないか」とも述べた。

「お前、髪の毛全部抜けるぞ」

   もっとも、東国原知事の国政転身には当時、逆風が吹き荒れていた。実に世論の8割が反対だったのだ。心配したのが師匠の北野武さんで、2009年7月10日の酒の席で、出馬の断念を忠告したとされている。「浅草キッド」水道橋博士は会食の前日の話として、こんな裏話を明かす。

「(北野さんに呼ばれて、)『お前、東のこと正直に教えてくれよ。(世論は)どれぐらい支持しているんだ』と言われました。僕は『いや、髪の毛全部なくなると思います』ってその時に言ったんですよ(笑)。後になって、そのままコメントが出ているものだから、俺が東さん止めたのかな(と思いましたよ)」

   その上で、当日の様子はどうだったかと水を向けると、東国原知事は「あれ、水道橋博士が言ったんだ。その通り言われましたよ」として、こう続ける。

「(北野さんが)『お前、髪の毛全部抜けるぞ』と言うので、『いやほとんど抜けてますよ』と返すと、『お前、それ以上抜けるんだよ』と。政治家の進退は本人が決めることだけれど、今は相当の逆風だから、おとなしくしておいた方がいい。今まで築き上げてきた人気度、支持率、ブランド……そういった実績が全部ふっとんでしまう。あくまでも忠告だけれど、やめといた方がいいんじゃないか(ということでした)」

   そして、水道橋博士が出馬の取りやめは「その時に決断したのか」と迫ると、本人は「やめようと思いました」と即答した。ただし、北野さんの助言だけが決断させたのではなく、政権交代させるのも手かもしれないという胸の内もあったそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中