岡田外相が捕鯨問題で豪を批判? 「2ちゃん」で首相待望論まで出る

印刷

   岡田克也外相がオーストラリアの報道番組で、「日本の伝統的食文化を尊重すべきだ」と主張、捕鯨に反対するオーストラリア政府に対し、真っ向から批判したとネットで話題になっている。掲示板「2ちゃんねる」では書き込みが殺到する「祭り」に発展した。いつもは民主党への批判ばかりなのだが、今回は「オレたちの岡田!」「素晴らしすぎる 次期総理なら応援するぞ」といった外相を応援する書き込みが多い。

   オーストラリアのABC放送が、岡田外相との会見を2009年12月10日に報道番組内で放送した。共同通信は同日、

「ABC放送の報道番組で『鯨肉を食べるのは日本の伝統的な食文化で、オーストラリアはそれを尊重すべきだ』と述べ、南極海での日本の調査捕鯨に反対するオーストラリア政府を批判した」

と配信。

   この記事のせいでネットでは、これまでの自民党政府の外相とは違い、毅然とした態度で外交をこなす人物なのではないか、と評判になった。

「鳩山を辞任させて、岡田内閣にしてくれ」

   民主党批判、岡田外相批判ばかりが目立っていた「2ちゃんねる」では、驚きと戸惑いが広がった。

   「ちょっとかっこいいと思ってしまったww」「やるじゃん だがてめぇの事は嫌いだからな」「これを中国・韓国にも出来たら 大したものだがな」

   そして、

「外相の立場でこの発言 素晴らしすぎる 次期総理なら応援するぞ」
「岡田総理なら良かったのに」
「鳩山を辞任させて、岡田内閣にしてくれ」

などといった首相待望論まで出てきた。

   捕鯨反対を訴える国は少なくないが、特にオーストラリアは激しい。07年11月には労働党が「日本の調査捕鯨監視のため軍隊を出動させたい」との考えを示したり、08年2月には「クジラの母子が捕獲される様子」を写したという写真が公開され、「無差別殺戮なのは明らか」とプロパガンダ的な主張を展開した。テレビでも、調査捕鯨が必要というなら、「日本人を知るために日本人に銛を打っても許されはず」といった論理の番組も作られた。シドニーにいた日本人女性に向かい、男性レポーターがおもちゃの銛を発射する、といったショッキングな映像も流れた。

   シー・シェパードなどの反捕鯨団体の違法行為に対しても、日本政府の対応に毅然としたものは見当たらず、政権が代わり岡田外相になっても、変化はないのではないか、という諦めも一部にはあった。

「鯨の肉を食べるのは日本の重要な文化の一つ」

   岡田外相は09年9月に行われた国連総会に出席した際、オーストラリアのスティーブン・スミス 外相と会談。日本の伝統である捕鯨に暴力行為で反対を繰り返す活動家たちを封じるよう協力を要請している。スミス外相は直接に答えることは避けたが、オーストラリア当局は、

「岡田外相も捕鯨を続けるとの基本的スタンスは変わらないようだと判断した」

と、フランスのAFP通信は 09年9月22日付けで報じている。岡田外相はそうした捕鯨に対する自分のスタンスを、テレビを通じオーストラリアに宣言したことになる。

   では今回のテレビ取材で、岡田外相は毅然とした態度で「モノ申した」という理解でいいのだろうか。外務省の担当者は、

「鯨の肉を食べるのは日本の重要な文化の一つ、ということや、可愛そうといった感情論ではなく科学的に、なぜ捕鯨が必要なのかわかってほしい、と訴えてきました。今回、特別に何かを用意した、とは聞いてませんし、岡田外相はこれまでのわが国の考えを踏襲し発言した、と言うことだと思います」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中