「男性に目を向けろ」 メーカー各社が新商品戦略

印刷

   「弁当男子」「スイーツ男子」が流行語となったことが示すように、2009年は「女子向け」だと思われた領域に「男子」が進出する例が目立った1年だった。そんな世の中の空気を反映してか、メーカー各社は「男性」に目を向ける商品戦略を採り始めた。

   今年で15年目を迎えたブレンド茶「爽健美茶」(コカ・コーラ)から、初めて男性向け商品が登場した。「はと麦、玄米、月見草~」というCMで知られるが、その後も美にフォーカスを当てたキャンペーンを行うなど爽健美茶は女性向けのイメージが年々強くなり、結果的に男性の消費者を逃してしまった。だったら、逃したターゲットを呼び戻そうと、男性のニーズに合わせた商品「爽健美茶 黒冴(くろさえ)」を開発し、8月に投入した。

「爽健美茶 黒冴」は予定の1.5倍を記録

爽健美茶 黒冴
爽健美茶 黒冴

   「爽健美茶 黒冴(くろさえ)」は3つの健康黒素材、黒豆、黒ごま、黒米を配合し、体をシャキッとさせるウーロン茶をブレンドしている。「朝から効率的に頭が冴えた状態で仕事をしたい」とか、「ストレスを感じたときに気分転換したい」という30~40歳代のビジネスマンを中心に人気がある。

   爽健美茶グループの統括部長、斎藤敦さんは、開発の背景について、

「3つの健康黒素材や、ウーロン茶をブレンドして男性好みであるしっかりとした濃い味にしています。また見た目も『爽健美茶』とはがらりと変えて、男性を意識した『黒』をモチーフにしました」

と話している。

   その効果もあって、「爽健美茶 黒冴」の販売は6対4で男性が上回る。売れ行きは「予定販売数の1.5倍を記録し、リピート率は20%を超えている」と好調だ。

   斎藤さんは、

「これまで男性が朝に飲む飲料というとコーヒーが主流でしたが、『爽健美茶 黒冴』にもポリフェールやカフェインがたっぷり豊富に入っていますので朝にぴったりのお茶です。それでいてお茶なので胃にもやさしいんです」

という。

頭痛薬、スイーツにも男性向け登場

   これまで女性をメインターゲットにしていたスイーツからも、男性向けの商品がいろいろ出てきた。甘い物好きの男性を指す「スイーツ男子」という言葉もブームになった。

   森永製菓が「スイーツ男子」の意見を取り入れてつくった「男子スイーツ部理想のプリン」(10月6日発売)や、江崎グリコの20~30歳代の男性をメインターゲットにしたカップアイス「ハッピースプーン」(9月28日発売)が登場した。

   大正製薬の頭痛薬「ナロンエースR」は初めての男性向け頭痛薬で、3月の発売以降、順調に売れているそうだ。男性はストレスや酒、たばこで胃を荒らしやすいことから、胃粘膜保護成分、乾燥水酸化アルミニウムゲルを配合した。

   頭痛持ちは女性に多いというイメージがあるが、同社の調べによると頭痛持ちの人の4割が男性で、男性の4人に1人が頭痛の時に解熱鎮痛剤を服用している。また、周りの人に「神経質そう」「弱々しい」と思われるという理由で、頭痛持ちであることを隠している男性が多いこともわかった。広報担当者は、

「この商品を出すことで、男性にも頭痛持ちがいることを知ってもらいたいと思います。パッケージも男性が買いやすいデザインにしています」

といっている。

   いろんなジャンルで商品の発売が相次いでいる男性市場。2010年には何が登場するのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中