世界中好きな国に行ける仕事 「旅費タダ報酬200万円」に殺到

印刷

   インターネットサービスのpaperboy&co.(ペパボ)が、同社のネットショッピングモール「カラメル」で販売する雑貨のバイヤーを募集したところ、1日で200人もの応募があった。1ヵ月から2ヵ月をかけ、世界の好きな国に行ける「世界一周バイヤー」という企画で、旅費は会社負担、最高報酬が200万円という条件がウケたようだ。

   応募資格は、年齢が20歳以上で、1~2ヶ月の長期海外渡航が可能な人。海外旅行経験が豊富な場合は選考に有利になる。バイヤーの経験がない学生でも応募が可能で、当選した人は雑貨の知識、買い付けの仕方などの研修を受ける。

条件は毎日ブログを更新すること

   世界1周プランを作成し、自己PRなどを付けて「カラメル」サイトに登録。一般参加者によるオンライン投票で上位20人が選出され、最終審査を受けることになる。募集期間は09年12月14日~2010年1月25日正午。今回は1~3人選ばれる予定。

   企画の魅力は、自分が行きたい世界各国(最大15都市)が訪問できること。渡航費用・海外生活費用は全額支給される。そのほかパソコンや携帯電話、デジカメを貸与。買い付け費用が100万円に達したら終了で、その間は毎日1回以上ブログを更新しなければならない。報酬は最低100万円。買い付けの出来によって最大100万円がそれにプラスされる。

   「カラメル」は06年4月にオープンしたネットショッピングモールで、現在1万の雑貨ショップが軒を並べ270万点の商品が売られている。応募は「カラメル」で行える。

「当選した方は思いっきり楽しんでもらいたい」

   モールはオリジナルや一点物の雑貨を多く扱っている。同社独自に、世界各国の現地にバイヤーを派遣し、珍しく価値のある商品の発掘をしたいと考え、今回の企画につながった。また、買い付けブログを通じて買い付け情報をリアルタイムで発信、それによってコメントも増え、モール全体の活性化につなげたいとしている。

「この不況の時代に太っ腹、とも言われていますが、日本を元気にしたい。当選した方は思いっきり楽しんでもらいたいと思っています」

と同社広報は話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中