「命がいくらあっても足りません」 警告無視した鹿島の釣り人事故

印刷

   釣り人が「立ち入り禁止」を無視して波にさらわれる事故が全国で相次いでいる。茨城県・鹿島港でも2009年12月12日、釣り人3人が立ち入り禁止区域とされていた防波堤で行方不明となった。

   今回事故があったのが茨城県神栖市にある鹿島港の「南防波堤」だ。12月12日、釣りに来ていた会社員の男性3人が行方不明となった。14日には1人が遺体で発見されたものの、15日の捜索でも依然2人は行方不明。鹿島海上保安署は16日以降も引き続き捜索を続けている。

1963年の着工以来、65人の釣り人らが死亡

   南防波堤は一般人の立ち入りは禁止されているものの、釣り好きの間では関東圏有数の釣りスポットとして知られ、「不法侵入」が絶えなかった。1963年の着工以来、65人の釣り人らが波にさらわれ死亡している。

   この地域を管轄する第三管区海上保安本部のサイトでも、鹿島港中央防波堤と併せて、「死者・行方不明者が続出しています。ここでの釣りは、命がいくらあっても足りません」と紹介。鋼鉄のフェンスを乗り越え侵入し、移動用のスクーターまで運び込む人までいるといい、「マナーの悪い釣り愛好者が後を絶ちません。これらの防波堤で釣りをしている人を見かけたら、118番に通報して下さい」と呼びかけている。

   こうした事故が起きているのは、鹿島だけではない。

   釣り人事故のニュースが特に目に付くのが青森県だ。08年11月に八戸港八太郎地区の北防波堤で、テトラポッドの上で釣りをしていた男性が海中に転落して死亡。地元紙によると、防波堤は立ち入り禁止区域だったが、イカやサバなどの釣れる秋の休日には100台以上の車が乗り入れていたという。県はそれまで、ガードレールやテトラポッドなどで侵入を阻止していたものの、その度に何者かに移動され、いたちごっこ状態だったという。

   この死亡事故を受けて県は09年3月、北防波堤に立ち入り防止柵を設置。釣り愛好家らは防波堤開放を要望する4000人分の署名を7月に県に提出したが、認められなかった。

日本釣振興会も「自己責任ですよ」と突き放す

   また、09年11月15日にも、青森県の尾駮漁港の防波堤で釣りをしていた男性が海に転落、行方不明となった。この防波堤も高波が押し寄せて危険だとして、立ち入り禁止となっていた。ここでは06~08年の3年間で5人が死亡・行方不明になっている。

   08年10月には、新潟県柏崎市の柏崎港西防波堤で、釣り人ら11が高波にさらわれている。全員救助されたものの、現場は立ち入り禁止区域。高さ約3メートルの鉄柵が設置されていたが、釣り人たちは、その脇のテトラポッドを伝って出入りしていたという。

   今回、鹿島港で新たに死者が出たことに関し、日本釣振興会の役員は、

「入ってはいけない場所に入っている訳ですから自己責任ですよ」

と話す。09年12月11日にも北海道の苫小牧港の立ち入り禁止区域で、定員超過したボートが転覆、6人が死亡した。振興会としても、今後どうマナー啓発していこうか議論したばかりだったといい、

「日本の釣り人口は1100~1200万人とされていますが、大部分の釣り人はルールを守っています。それなのに、ごく一部の人がルールを守らないせいで、『釣り人が』と一緒くたにされるのはとても残念。今後も釣具店などに、ルール・マナーを徹底するポスターや小冊子を配布し、啓発活動を続けていきます」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中