エンゼルス松井応援ツアー JTB、近ツー、HIS発売へ

印刷

   MLB松井秀喜選手(35)がニューヨーク・ヤンキースからロサンゼルス・エンゼルスに移籍した。旅行業界もさっそく、野球観戦ツアーを検討し始めている。チーム本拠地アナハイムの近くにはディズニーランドもあり、野球観戦とあわせたプランもありそうだ。

   松井選手の入団会見は2009年12月16日開かれた。会見で松井選手は、ヤンキースの慣れ親しんだピンストライプのユニホームから一転、エンゼルスのチームカラー「赤」に身を包んだ。チームの本拠地は、ロサンゼルスから車を1時間ほど走らせたアナハイムにある。温暖な気候だ。膝に不安を抱える松井選手にとっては、快適なプレーが出来るかもしれない。

イチロー、マツイ対決見たい

   そんな中、松井選手の移籍には観光業界も期待を寄せている。ロサンゼルスには日本企業も多いことや、日本人メジャー挑戦のパイオニアだった野茂英雄投手がロサンゼルス・ドジャースに在籍した1995年には、日本人観光客で大盛り上がりだった前例がある。しかも、エンゼルスが所属するア・リーグ西地区は、イチロー選手のシアトル・マリナーズと同一地区だ。2人の日本人対決は必然的に以前よりも増える。

   旅行会社の反応はどうか。JTBは「スケジュールが決まり次第、企画を進めていきたい」と話す。発売は年明け以降となる見込みだ。近畿日本ツーリストも「検討段階です。4月の開幕にあわせて、企画を進めていきたい。野球観戦だけのツアーにするのか、観光とセットにしたツアーにするのか、魅力的な商品を考えたい」と意欲を見せる。

野手の方が投手よりもツアーは組みやすい

「ロサンゼルスは観光地として優れた場所。野球観戦が目当てという人だけでなく、旅行者が目的の一つに野球を観にいくという具合に、広がりがあるプランが考えられそうです」

   一方、H.I.S.も「当然企画する予定だ」と話す。エンゼルスには、現・野球解説者の長谷川滋利投手(1997年~2001年)以来、日本人選手は在籍していなかった。松井選手の加入で、相当数の観戦者が増えることを見込んでいる。

   「もちろん選手の体あってのことですが、毎試合出場の可能性がある野手の方が投手よりもツアーは組みやすいですし、お客さんも選びやすいのではないでしょうか」。また、本拠地アナハイムの近くにはディズニーランドがあり、野球観戦とディズニーランド観光を組み合わせた商品にも魅力を感じているという。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中