阿久根市長、障害者団体に謝罪拒否 ブログ記事修正は約束

印刷

   「高度医療が障害者を生き残らせている」などとブログで持論を展開していた鹿児島県の阿久根市の竹原信一市長が2009年12月18日、抗議にきた障害者団体のメンバーと面会した。謝罪は拒否したが、ブログの修正を約束し、現在ブログには「ただいま修正中」と書かれている。

   竹原市長は18日、全国の障害者の地方議員からなる「障害者の政治参加をすすめるネットワーク」のメンバーと市役所で面会した。

県議会でも市長に謝罪を求める決議を可決

   面会は非公開で行われたものの、竹原市長は「ブログの文面を否定することになりかねない」として謝罪を拒否した。ただ、ブログの記述に関しては、修正することを約束したという。

   竹原市長は2009年11月8日付けのブログ記事の中で、

「高度医療のおかげで以前は自然に淘汰された機能障害を持ったのを生き残らせている。結果養護施設に行く子供が増えてしまった」

と書いていた。

   この記述は「障害者の出生自体を否定している」として以前から問題視されており、12月9日には、県のソーシャルワーカー協会など4つの福祉団体が共同で抗議声明文を発表。14日、15日の市議会でも質問が続出したが、竹原市長は「文章を全部読めば(差別でないのが)分かる。これは問題提起」「大騒ぎにしたのはメディア」などと主張していた。17日には県議会の議題にもなり、竹原市長に謝罪を求める非難決議を全会一致で可決している。

問題とされていた箇所が削除され「ただいま修正中」

   阿久根市の担当者は、竹原市長がブログ記事を修正することを約束したことに関し、

「『機能障害をもったの』という記述は人をもの扱いし、問題だと障害者団体の方は感じていたようで、市長は言葉の使い方を修正するとしていました。いつまでに修正するという話はしていません」

と話す。また、今回も市長が謝罪を拒否したことに関しては、

「市長も障害者がかわいそうだという認識はもっていますし、障害者を拒絶している訳でもありません。ただ、ブログでは、みんなが避けて通ることを敢えて書いたのであって、それを謝罪することは書いたこと自体を謝罪することになってしまう、ということでした」

と話している。現在竹原市長のブログは、問題とされていた箇所が削除され、「ただいま修正中」と書かれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中